[ファイアウォール]


<リビジョンアップ! (その1)-Rev.10.00.21>

[ファイアウォール] リビジョンアップ! (その1)-Rev.10.00.21

ヤマハの平野です。

SRT100のソフトウェアは、「ファームウェア」と呼びます。
そのファームウェアを更新する作業を「リビジョンアップ」と呼びます。

さぁ、皆さんリビジョンアップしましょう...

なんで?

まず、今日時点までのSRT100用ファームウェアの一覧をご紹介しましょう。

リビジョン番号概要
Rev.10.00.08
(2007/4/下旬)
初期出荷
○1st 機能リリース
Rev.10.00.09
(2007/5/7)

リリースノート
●バグ修正: 2件

Rev.10.00.19
(2007/6/26)

リリースノート
○2nd 機能リリース
●機能追加: 5件
●仕様変更: 13件
●バグ修正: 29件

Rev.10.00.21
(2007/7/11)

リリースノート
●バグ修正: 4件

現在の最新ファームウェアは、2007/7/11に公開されたRev.10.00.21となります。Rev.10.00.19の機能追加や仕様変更で、機能が上がったり、使い勝手が改善されたりするので、魅力的だと思います。しかし、特に、最新版へのリビジョンアップをお奨めしたい理由は、バグ修正のみでリリースされたRev.10.00.09とRev.10.00.21の存在です。これについて少しご紹介します。

●Rev.10.00.09がリリースされた理由

Rev.10.00.09は、設定機能の不具合です。設定が済んでいれば良いといえばよいのですが、「使い方によって、設定が保存できない」というのは、「機器として信用できない」→「壊れている」ということになりかねない問題です。なので、急いでリリースされました。

●Rev.10.00.21がリリースされた理由

4つの不具合が報告されておりますが、最も重要と捉えているのは、1のフラグメントパケットの受信に関する不具合です。こういうことで不安定になってはいけません。

○(参考)Rev.10.00.19に関するブログ記事

という訳で、「リビジョンアップ方法」を次回以降ご紹介しますので、この機会にRev.10.00.21へのリビジョンアップをお願いします。

[設定方法一覧]

  1. (その2) HTTPリビジョンアップ機能による『簡単』リビジョンアップ
  2. (その3) DOWNLOADボタンによる『誰でも』リビジョンアップ
  3. (その4) USBメモリによる『確実な』リビジョンアップ (ファイル指定)
  4. (その5) USBメモリ+DOWNLOADボタンによる『お手軽』リビジョンアップ
  5. (その6) RT-Tftpによる『専門家っぽい』リビジョンアップ
  6. (その7) tftpクライアントによる『昔ながらの』リビジョンアップ

■リビジョンアップの注意事項をマニュアルから抜粋

インターネットから本製品の機能を管理するプログラム(ファームウェア)をダウンロードして、最新の機能をご利用いただけます(リビジョンアップ)。

  • リビジョンアップを始めたら、完了して本製品が再起動するまで他の操作は絶対しないでください。万一、中断したときは本製品が使えなくなることがあります。その場合は、持ち込み修理が必要となります。
  • リビジョンアップ中は、STATUS、LAN1、LAN2ランプが順番に点灯します。
  • リビジョンアップが完了すると、本製品は自動的に再起動されるため、すべての通信が切断されます。
  • リビジョンアップ中は、絶対にケーブルを抜かないでください。ルーターが使えなくなり、持ち込み修理が必要となる場合があります。
  • 管理者向け設定画面の「HTTPリビジョンアップの実行」画面では、正式にリリースされたバージョンのファームウェアにのみリビジョンアップできます。ヤマハによる正式な動作保証のないβ版のファームウェアは、管理者向け設定画面を使ってリビジョンアップすることはできません。

Manualnote

【SRT100ファームウェア公開】

【RT107e/RTX1100/RTX1500ファームウェア公開】

【RTX3000ファームウェア公開】

【RTX1000ファームウェア公開】

【RT58iファームウェア公開】

【SRT100の使い方】

【NTT東日本のフレッツスクウェア接続設定】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。