[会議システム]


<国際オフィス機器展の展示内容(その2)>

[会議システム] 国際オフィス機器展の展示内容(その2)

ヤマハの平野です。

今日(7/4)から始まった国際オフィス機器展の紹介(その2)です。

遠隔会議システムゾーン」では、ヤマハ製品(プロジェクトフォン)を展示してくれているブースがいくつかありましたので、ご紹介します。

どこでプロジェクトフォンが見れるか?
全部「遠隔会議システムゾーン」でした。(ブース番号の若順に)

●A8-9 キヤノンソフト情報システム

「IC3 アイシーキューブ」というWeb会議システムのマイク・スピーカーデバイスとして、PJP-100UHを展示していただいておりました。PJP-100UHであるかどうかは、USBケーブルあたりが特徴的です。

P1010568

●A8-11 ブイキューブ

nice to meet youのマイク・スピーカーデバイスとして、展示されています。これはブース全景ですが、PJP-100UHはちょっと見当たらない?

P1010567

ディスプレイの裏に展示されています。ブイキューブの前澤さんとPJP-100UHです。

P1010566

●A8-16 ジャパンメディアシステム

LiveOnという会議システムがどーんと置かれているところにPJP-100UHを展示していただいておりました。

P1010565

●A9-11 住商情報システム

PJP-100UH、PJP-50R、PJP-CAM1とPJPのDVDを展示していただいております。PJP-100UHがPCのマイク・スピーカーデバイスとして接続され、スピーカーからDVDの音が流れています。また、PJP-CAM1も接続されカメラ映像がPCの左側にコントロールパネルと映像が表示されています。

P1010570

PJPのDVDをかけてくれていた(というか、事前にDVDをくださいとリクエストされた)ので、DVD制作の裏話を3つしました。今後、人力プレス機で配布してくれるそうです。

  • このDVDの元ネタになっている映像は、ヤマハグループ内のビデオ制作会社に依頼して制作していただきました。そこには、ちゃんとスタジオがあって、ナレーションの撮影もそこでやっています。私のシーンは、スタジオじゃなくて、その会社の会議室で撮影しています。
  • スピーカーやマイクのところの黒いパンチアウトパネル?(金属板に穴を抜いたパネル)の撮影だけで20~30分以上かかっています。照明さんとカメラマンさん、集中して止められなくなっちゃうんです。何を表現していたかというと、パネル越しに覗くスピーカーやマイクを映すのに必死になっていたんです。出来上がった映像にもしっかり反映されています。
  • 映像は、ビデオ制作会社に作ってもらったのですが、納品された映像データを組み合わせて、DVDのオーサリング(1本を6本に刻んで、製品映像だけ切り出して、メニューを作って...など)を私がInterop Tokyo 2007の直前にエイ!ヤー!って、自分でMacBookで3時間ぐらいでやっちゃったこと。あんまり信じてもらいにくいですね。表紙も30分程度の自作です。HTMLも、作文も、してましたけど。
    なお、DVDのメニューで、アップルマークは残しています。

【OFMEX 国際オフィス機器展2007】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。