[ファイアウォール]


<最大消費電力>

[ファイアウォール] 最大消費電力

ヤマハの平野です。

2007/6/21に「ブラックイルミネーション2007」のエントリーで、話のついでに「最大消費電力」について書きました。「拡張、放熱ファンの有無と筐体」と関連が深そうなので、一覧表を作り直してみました。

●製品の最大消費電力に加えて、拡張要素、放熱ファン、筐体タイプ、電源タイプなどを整理しました。

製品名最大
消費電力
拡張放熱
ファン
筐体
タイプ
電源
タイプ
RT300i 46W スロット*4 あり 金属筐体 AC100V(二重化対応)
RT250i 12W スロット*1 金属筐体 AC100V
RTX3000 30W スロット*1 あり 金属筐体 AC100V
RTX1500 7W プラ筐体 AC100V
RTX1100 6.5W プラ筐体 AC100V
RTX1000 7W プラ筐体 AC100V
RT107e 4.2W プラ筐体 AC100V
SRT100 9.7W USB*1 プラ筐体 AC100V
RTV01 4.2W プラ筐体 AC100V
RTV700 15W プラ筐体 AC100V
RT58i 13.6W USB*1 プラ筐体 DC12V , 0.95A

【拡張性について】

  • 電源を供給する必要のある拡張性を持った製品では、最大消費電力が大きい傾向があります。拡張を未使用(通電されていない)の場合、その分の電気は消費されないので、定常的な消費電力は「最大」より小さくなります。
  • 「スロット」には、拡張モジュールを搭載することができ、接続されたとき、本体より電源が供給されます。(未実装であれば、消費されません。)
  • 「USB」には、USBメモリを搭載することができ、接続されたとき、本体より電源が供給されます。(未実装であれば、消費されません。)
    →SRT100の消費電力が多めになっている理由。
  • アナログ電話機を接続するためのTELポートを持つ機器は、消費電力の高いアナログ部品を実装する必要があり、消費電力が多めになっています。(RTV700/RT58i)

【筐体について】

  • 筐体は、本社やデータセンターなどに置くものを金属筐体 (必要であれば放熱ファンをつける) に、小規模な拠点に置くものをプラ筐体 (放熱ファンは付けない) にしています。
  • 金属筐体にしている製品は、設置場所を考慮すると、エアコンが効いているとか、エンジニアが出動しやすいなど、比較的環境に恵まれた場所であることが多い。また、センターに置かれるので、高い性能(→電力消費が多い & 発熱が多い)が求められる。このようなところでヤマハは、金属筐体と放熱ファンを採用することが多いです。
  • プラ筐体にしている製品は、「プラ筐体である」という前提で開発をしています。プラ筐体は、小型化と放熱の視点で、熱設計上のハンディキャップがありますが、トータルで丈夫な機器であることも求められる。「高性能なものを小型化し、プラ筐に収めながら、安定稼動させる」ためには、「省エネ化」の工夫も欠かせない。
  • 無条件に「プラ筐体は信用できない」という声を聞くこともあるのですが、「動作環境や性能、機能などの条件が同じであれば、多少高くても、プラ筐体を選ぶ」という独自の判断基準(恐らく経験則)で選定される方も居られるようです。「プラ筐体だから信頼性が低い」とか、「金属筐体だから信頼性が高い」とか、ではなくて、必要とされる機能・性能がキチンと実現されているかが大切だと考えます。

●過去の製品の情報(アーカイブス/生産終了モデル)も調べてみました。

製品名最大
消費電力
拡張放熱
ファン
筐体
タイプ
電源
タイプ
RTA50i 10W プラ筐体 AC100V
RTA52i 10W プラ筐体 AC100V
RTA52pro 10W プラ筐体 AC100V
RTA54i 10W プラ筐体 DC9V , 0.8A
RTA55i 10W プラ筐体 DC9V , 1.1A
RT56v 11W プラ筐体 DC10V , 1.2A
RT57i 11W プラ筐体 DC9V , 1.1A
RT60w 10W プラ筐体 AC100V
RTW65b 7W プラ筐体 DC10V , 0.6A
RTW65i 12W プラ筐体 DC10V , 1.2A
RT80i 11W プラ筐体 AC100V
RT100i 3.5W 金属筐体 AC100V
RT102i 3.5W プラ筐体 DC5V , 3.5W
RT103i 3.5W プラ筐体 DC5V , 3.5W
RT105i 7W プラ筐体 AC100V
RT105e 7W プラ筐体 AC100V
RT105p 7W プラ筐体 AC100V
RT140i 11W 金属筐体 AC100V
RT140e 11W 金属筐体 AC100V
RT140f 11W 金属筐体 AC100V
RT140p 11W 金属筐体 AC100V
RT200i 30W BRI拡張 金属筐体 AC100V
RTX2000 35W スロット*1 あり 金属筐体 AC100V

【環境関連情報】

【環境関連サイト】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。