[ファイアウォール]


<ログ保存(その7)-チープなsyslogサーバーの設定シート>

[ファイアウォール] ログ保存(その7)-チープなsyslogサーバーの設定シート

ヤマハの平野です。

ログ保存(その6)-チープなsyslogサーバーを作る!」で紹介した具体的な作業手順をするとき、複数用意したり、再設定を繰り返すとき、設定情報を整理しておかないと何がなんだかわからなくなりますね。どうしましょうか?

「設定シート」のようなものを作って、情報を管理しましょう。私は、excelシートにしてみました。このblogでは、「表」で表現しておきます。

【説明】

  • 設定を開始する前に「赤字」の部分に個々の情報を定義しておきます。

【設定シート】

案件名   
設計日____/__/__
ネットワーク設定初期値設定例
IPアドレスDHCPクライアント 192.168.100.250
玄箱名KURO-BOX-EM syslogserver
ワークグループ名WORKGROUP sound_network
Web管理者初期値設定例
Web管理者名root 変更不可
パスワード未設定 srt100
TELNET管理者初期値設定値
コンソール管理者名root 変更不可
パスワード取説に記載 srt100
Windowsファイル共有(NAS)初期値設定値
共有フォルダ

share (Windows,Macintosh)
share-mac (Macintosh)
※アクセス制限なし

shareに
指定ユーザーだけ
読み込み可

ユーザーグループhdusers (削除不可) アクセス禁止
ログファイル管理設定値
アクセスポリシー

shareに"yamaha"だけ読み込み可

ユーザー名yamaha
パスワードsrt100
NASディレクトリ\\192.168.100.250\share\network_log\rt.log
Linuxディレクトリ//mnt/share/network_log/rt.log

【補足】

次のblog記事の設計情報は、とても見難いので、上記「設計シート」風に書き換えておきます。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。