[会議システム]


<導入事例(その1)-プロジェクトフォン資料公開>

[会議システム] 導入事例(その1)-プロジェクトフォン資料公開

ヤマハの平野です。

プロジェクトフォンをご導入頂きましたお客様が紹介された導入事例が公開されましたので、ご案内いたします。

導入事例は、次のURLで公開されております。(2007/9/19時点で、5件。)

【基本イメージ】

今回の5つの事例は、2つのパターンに分類できます。

  • PJP-100H/PJP-50RによるIP電話会議システム
    既存のIPネットワーク(イントラネット)に接続して、音声会議に利用しています。ブロードバンド化された環境であれば、PJP-100H/PJP-50Rが必要する帯域は、非常に小さく、ネットワークの負担も大きくありません。既存環境を有効活用して、臨場感のある音声会議が可能となります。

    Pjp100hip

    Pjp50rip

  • PJP-100UHによるWeb会議システムのマイク・スピーカー
    映像と音声を併用するためのWeb会議システムを「個人」ではなく「会議室」など多人数の会議に利用するとき、PJP-100UHを接続して収音範囲、放音範囲を拡張することができます。また、USBケーブルによるPCへの簡易な接続によりWeb会議システムのユーザビリティが向上します。

    Pjp100uhweb

【導入事例カタログ(PDF形式)】

【キーマンズネットで紹介された導入事例】

【その他、導入事例】

【関連情報】

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。