[会議システム]


<プロジェクトフォンのUNIVERGE Certified対応ファームウェア>

[会議システム] プロジェクトフォンのUNIVERGE Certified対応ファームウェア

ヤマハの平野です。

プロジェクトフォンPJP-100HとPJP-50Rが「UNIVERGE Certified製品」となりました。また、PJP-50RのPSTN関係の音質、操作性を改善したファームウェアも同時公開されております。

機種PJP-50R PJP-100H
UNIVERGE SV7000対応版ver 1.34
(10/17公開)
ver 1.42
(10/17公開)
通常の最新版ver 1.35
(10/17公開)
ver 1.41
(9/12公開)

UNIVERGE Certified対応ファームウェアをご利用いただくことにより、PJP-100HとPJP-50Rが「UNIVERGE Certified製品」となり、NEC UNIVERGE SV7000と連携した内線電話としてご利用いただけます。

【UNIVERGE SV7000対応ファームウェア】

  • 「ファームウェア・ダウンロード」より「UNIVERGE SV7000対応版」をダウンロードしてください。
    http://www.yamaha.co.jp/projectphone/download/firm/index.html
  • ダウンロード前に上記サイトにて、注意事項などの記載されている「コチラ」と書かれている情報をご確認ください。

【PJP-50Rの最新ファームウェア】

  • 電話回線(PSTN)利用時の音質や操作性の改善が行われております。
  • 本体から「自動的にリビジョンアップ」をするか、ファームウェアを入手して「手動でリビジョンアップ」をしてください。
    →PJP-50R の取扱説明書(設置・設定編)→設定する→最新の機能を利用する(リビジョンアップ)で、説明されています。
  • 「ファームウェア・ダウンロード」より「最新版(ver 1.35)」をダウンロードしてください。
    http://www.yamaha.co.jp/projectphone/download/firm/index.html

【PJP-50R/PJP-100Hのファームウェア情報】

【関連情報】

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。