[会議システム]


<VC2007(その22)-ブース撤収>

[会議システム] VC2007(その22)-ブース撤収

ヤマハの平野です。

ビジュアル・コミュニケーション2007の3日間が終わりました...

たくさんのご来場ありがとうございました。

こういう展示会は、終了時刻(17:30)になると、一斉にドンドン、バンバンと解体が始まります。しかし、ヤマハブースでは、「プロジェクトキャスト」で浜松との間で終礼をしておりまして、20分後に解体が始まりました。

【なんとなく、記念撮影】

終礼後、解体作業前にブースに残ってたスタッフで「プロジェクトキャスト」前で記念撮影をしました。

Img_0415

17:49 いきなりシャッターを切ったので、ブーイングが...punch
印刷するわけじゃないし、ブログ用だからまぁいいか、と。

【解体作業】

このようなイベントのブースは、作って、壊すとゆうことが多いのですが、ヤマハでは、決まった材料を有効活用しています。今どきの言葉でいうと「エコ」?解体した材料は、次のイベントでまた使うのです。構造物の解体を担当しているのは、「ワイピービデオ」というヤマハグループの専門チームです。

18:03 運営スタッフは、機材の片付け。解体スタッフは、構造物の片付け。と、入り乱れる。

そういえば、脚立に乗った作業の方の高等テクニックを目撃しました。普通、脚立の場所を変えるときは、一旦、降りますけど、彼らは、降りずに片方ずつを浮かせて動かして、蟹さん歩きのように左右に移動しながら、構造物を解体していました。(言ってること伝わるかな。)

Img_0416

Img_0417

18:15 機材の片付けが少しずつ目処がつきつつある。

Img_0418

18:30 機材の片付けは、ほとんど終わりました。細かい構造物の片付けが終わりました。

Img_0419

18:49 機材の片付けは、完了です。展示台の片付けが始まっています。

Img_0420

あとは、ワイピービデオさんの邪魔にならないように周囲に退避。

作業中、ヤマハブースでは、細かいネジなどのパーツの取り外しなどとても時間のかかる作業がひたすら続くのですが、周囲では、ドンドン、バンバンと派手な解体作業を行っていました。
# このヤマハブースは、やっぱり「エコ」だ。

【関連情報】

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。