[ファイアウォール]


<SRT100 Rev.10.00.27 リリース>

[ファイアウォール] SRT100 Rev.10.00.27 リリース

ヤマハの平野です。

SRT100 Rev.10.00.27がリリースされました。機能追加とバグフィックスが行われております。

【ファームウェアの概要】

機種 SRT100
リビジョン Rev.10.00.27
機能追加件数3件
仕様変更件数5件
不具合修正件数46件
リリースノート TEXT版
HTML版

【機能追加概要】

  1. SNTPサーバ機能
    外部のNTPサーバーに同期させたSRT100をサーバーにして、LAN内機器の時刻を同期させることができます。
  2. IPマスカレード変換セッション数制限機能
    P2Pアプリケーションなどの1台で大量セッションを張るPC(アプリケーション)があるとき、IPマスカレード変換セッション数を制限することができます。
  3. IDS(不正アクセス検知)メール通知機能

【仕様変更概要】

  1. Dynamic Class Control機能の制御開始/解除ログ出力
  2. ポートの開閉状態の診断のGUIヘルプの補足事項追記
  3. show status bootの表示内容変更(起動中と起動前のリビジョン表示)
  4. USBメモリ-内蔵メモリ間のファイルコピー失敗時のログ出力追加
  5. GUIのメール通知機能設定ページで、サーバーポート番号指定の追加

【ファームウェア配布】

【SWX2200のリビジョンアップ方法】

【リビジョンアップ方法】

【SWX2200-8G/SWX2200-24G ファームウェア公開】

【RTX3000ファームウェア公開】

【RTX1200ファームウェア公開】

【RTX810 ファームウェア公開】

【RT107e/RTX1100/RTX1500 ファームウェア公開】

【RT250iファームウェア公開】

【RT300iファームウェア公開】

【SRT100ファームウェア公開】

【NVR500ファームウェア公開】

【RT58iファームウェア公開】

【RTV01ファームウェア公開】

【RT57iファームウェア公開】

【RTV700ファームウェア公開】

【RTX2000ファームウェア公開】

【RTX1000ファームウェア公開】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

IPマスカレード変換セッション数制限機能は、待ち望んだ機能でした。ごく一部に大量に張るPCがいますので・・・。早速、客先の機器をアップしてみます。

ヤマハの平野です。
大変お待たせしたようですね。申し訳ございません。
ところで、気になるのが、どれぐらいのセッション数で制限される予定でしょうか?そのような情報をお持ちでしたら、教えてください。
個人的には、お行儀の悪い使い方に対する最悪値と踏んでいるので、100~200ぐらいかなぁと思っているんですけど。(お行儀悪いってのも断言できないけど。)

とりあえず300にしてみました。最初は200でコマンド打ち込みましたけれども、NATの状態を様子見していると、300近くも張っているプチお行儀が悪いPCが散見されまして・・。とりあえず300で様子見です。

そうですね。
SRT100持ってないので、試せないのが悔しいのですが、私も200~300程度が適正値ではないかと思います。

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。