[ファイアウォール]


<RT107e/RTX1100/RTX5000 ファームウェア公開-Rev.8.03.68>

[ファイアウォール] RT107e/RTX1100/RTX5000 ファームウェア公開-Rev.8.03.68

ヤマハの平野です。

RT107e/RTX1100/RTX1500 Rev.8.03.68がリリースされました。今回、利用者からの要望が多いと思われる機能がいくつか実装されておりますので、お試しください。
HTTPリビジョンアップも如何ですか?

【ファームウェアの概要】

機種 RT107e RTX1100 RTX1500
リビジョン Rev.8.03.68
機能追加件数9件9件10件
仕様変更件数3件4件3件
不具合修正件数73件
リリースノート TEXT版
HTML版

【機能追加概要】

  1. RTX1500にPPTP機能を追加した。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/pptp/index.html
  2. パケット転送フィルター機能を追加した。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/forward-filter/index.html
  3. SNTPサーバ機能を追加した。
    外部のNTPサーバーに同期させたSRT100をサーバーにして、LAN内機器の時刻を同期させることができます。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/sntpd/index.html
  4. IPマスカレード変換セッション数制限機能を追加した。
    P2Pアプリケーションなどの1台で大量セッションを張るPC(アプリケーション)があるとき、IPマスカレード変換セッション数を制限することができます。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/nat-descriptor/session-limit.html
  5. ネットワークバックアップとIPsecの連携機能を追加した。
  6. IPキープアライブのパケットを送出するゲートウェイの選択ルール可変化機能を追加した。
  7. descriptionコマンドを拡張し、従来のインタフェースの説明に加えて、システムの説明を設定できるようにした。
  8. 技術サポートに必要な情報を一度に出力することができる、show techinfoコマンドを新設した。
  9. BGP-4で受け取った経路について、ASパス属性に基づいたフィルタリングを設定するコマンドを追加した。
  10. implicit経路の優先度を設定できるようにした。

【仕様変更概要】

  1. 静的フィルタで、ICMP/ICMPv6パケットのタイプとコードをチェックするフィルタを記述できるようにした
  2. IPマスカレード機能で、新しく内側と外側のアドレスをバインド、解放したときのログに、今までの情報に加えて宛先IPアドレス、ポート番号の情報を表示するようにした。
    旧: [NAT(1):LAN2] Bound TCP 10.0.0.1.60000 <-> 192.168.0.1.60371
    新: [NAT(1):LAN2] Bound TCP 10.0.0.1.60000 <-> 192.168.0.1.60371 ==> 172.16.0.1.80

【Rev.8.02⇒Rev.8.03の追加機能概要】

Rev.8.02系とRev.8.03系を提供している機種は、次の通りです。

機種RT107eRTX1100RTX1500RT250i
Rev.8.03系
Rev.8.02系

★: 機種ごとの最新ファームウェア
○: 機種に対応したファームウェア
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/relnote/

機種RT107eRTX1100RTX1500
IPv4マルチキャスト
Rev.8.03.06
DiffServベースQoS
Rev.8.03.06
PQ+DTC
Rev.8.03.06
バックアップメール通知
Rev.8.03.15

Rev.8.03.08

Rev.8.03.06
IPIPファストパス
(IPv4 over IPv4)

Rev.8.03.15

Rev.8.03.37
~~~~~~
tagVLAN機能
Rev.8.03.42

Rev.8.02.31

Rev.8.02.28
イーサネットフィルタ
Rev.8.03.42

Rev.8.03.24

Rev.8.03.24
IPv6ファストパス
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37
SSHサーバー機能
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
telnet多重化機能
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
httpリビジョンアップ
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
帯域検出機能
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
負荷通知機能


Rev.8.03.42


Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
DHCP端末認証
Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
loopbackインタフェース
nullインタフェース

Rev.8.03.42

Rev.8.03.37

Rev.8.03.37
~~~~~~
Winnyフィルタ機能
Rev.8.03.46

Rev.8.03.46

Rev.8.03.46
IPsec DPD
Rev.8.03.46

Rev.8.03.46

Rev.8.03.46
IPsec NATトラバーサル
Rev.8.03.46

Rev.8.03.46

Rev.8.03.46
IPsec XAUTH
Rev.8.03.46

Rev.8.03.46

Rev.8.03.46
~~~~~~
URLフィルタリング
Rev.8.03.60

Rev.8.03.60
生存通知機能
Rev.8.03.60

Rev.8.03.60

Rev.8.03.60
FOMAリモートセットアップ
(発信側)

Rev.8.03.60

Rev.8.03.60
~~~~~~
PPTP機能
Rev.8.02.31

Rev.8.03.68
パケット転送フィルター
Rev.8.03.68

Rev.8.03.68

Rev.8.03.68
SNTPサーバー機能
Rev.8.03.68

Rev.8.03.68

Rev.8.03.68
IPマスカレード変換
セッション数制限

Rev.8.03.68

Rev.8.03.68

Rev.8.03.68

●: Rev.8.03系のみ利用可能
○: Rev.8.02系とRev.8.03系で利用可能
-: 未サポート

関連情報一覧 】

ファームウェア配布】

SWX2200のリビジョンアップ方法】

リビジョンアップ方法】

WLX302 ファームウェア公開】

SWX2300-8G/SWX2300-16G/SWX2300-24G ファームウェア公開】

SWX2200-8G/SWX2200-24G ファームウェア公開】

RTX5000/RTX3500ファームウェア公開】

RTX3000ファームウェア公開】

RTX1210ファームウェア公開】

RTX1200ファームウェア公開】

RTX810 ファームウェア公開】

RT107e/RTX1100/RTX1500 ファームウェア公開】

RT250i ファームウェア公開】

RT300i ファームウェア公開】

FWX120 ファームウェア公開】

SRT100 ファームウェア公開】

NVR500ファームウェア公開】

RT58iファームウェア公開】

RT57iファームウェア公開】

RTV01ファームウェア公開】

RTV700ファームウェア公開】

RTX2000ファームウェア公開】

RTX1000ファームウェア公開】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。