[トピックス]


<ブラックイルミネーション2008(夏至の日)>

[トピックス] ブラックイルミネーション2008(夏至の日)

ヤマハの平野です。

今年も「ブラックイルミネーション2008」が行われます。

環境省が推進している「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の一部なのですが、今年は6月21日(土・夏至の日)~7月7日(月・七夕)まで実施されます。
Light_down_2008

  • 6/21(土・夏至の日) 20:00~22:00→ブラック・イルミネーション2008
  • 7/7(月・七夕) 20:00~22:00→七夕ライトダウン

弊社では...

6月初旬の社内通達によると、全国12の事業所、販売店、ショールームで参加予定のようです。(参加日時は、様々)

社内に貼られている掲示物。
Img_0105

皆さんのところでは、どうでしょうか?

ところで、昨年の「ブラックイルミネーション2007」記事で「24時間電源を投入しているルーターの消費電力はバカにならない」と書きました。本ブログの環境の話題も、それから始まりました。この1年間、環境対策やCO2削減の話題を色々紹介する過程で、社内の事情も調べてまいりました。そうしたら、ヤマハの2004年版の環境報告書で、ルーターのライフサイクルアセスメント(LCA)を行って、報告していたことがわかりました。セミナーで「LCAやってますか?」と質問されたこともありましたが、その時は、知りませんでした。

Rt57ilca

ライフサイクルアセスメント(LCA)とは、製造→輸送→使用→廃却の各段階のCO2排出量を分析し、製品の環境に与える影響を把握する取り組みです。ルーターの場合、5年間利用する想定で試算しておりますが、その8割が利用中に消費される電力であることがわかります。ヤマハルーターは、国内生産国内消費なので、輸送による負担は小さいです。残りの2割は、ほぼ素材製造に関わる部分になります。

つまり、ネットワーク機器の低消費電力化は、環境対策の意味では、最重要事項であるということは、明らかだということです。

ヤマハの提供する環境対策ソリューションにご関心のある方は、ブログ記事で紹介している。記事をご参照ください。

【CO2削減/ライトダウンキャンペーン関連情報】

【環境の日/環境月間とは?】

【環境関連情報】

【環境関連サイト】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。