[会議システム]


<チェック! PJP出張(その2)-新幹線出張をPJPに切替>

[会議システム] チェック! PJP出張(その2)-新幹線出張をPJPに切替

ヤマハの平野です。

プロジェクトフォンのホームページの「チェック! PJP出張」を使って、「大阪⇒東京」出張をPJP会議に切り替える場合のCO2排出、交通費、人件費の削減量を試算します。

【大阪⇒東京】

「月に4回、10名が大阪⇒東京に新幹線で出張する」という試算をしました。

4_osaka

移動に要する運賃1,108,000円
移動に要する人件費1,120,000円
移動に要するCO2排出量794kg-CO2

経費節減効果も大きいですが、

【大阪&名古屋⇒東京】

複数の出張を一度に集計することもできます。

上記の「大阪⇒東京」を試算したところで、「追加」を選ぶともうひとつの入力フォームが表示されますので、2つめの設定を入力いたします。

「月に4回、3名が名古屋⇒東京に新幹線で出張する」という試算を追加しました。

5_on

一覧表は、画面の下に移動しているので、スクロールすると、詳細情報も確認できます。

6_on_result

移動に要する運賃1,361,920円
移動に要する人件費1,280,000円
移動に要するCO2排出量960kg-CO2

このように複数の出張を一括して計算できますので、会議システムの導入効果の全体像を把握することができるようになります。

【環境関連情報】

【環境関連サイト】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。