[会議システム]


<チェック! PJP出張(その3)-飛行機と新幹線をPJPに切替>

[会議システム] チェック! PJP出張(その3)-飛行機と新幹線をPJPに切替

ヤマハの平野です。

プロジェクトフォンのホームページの「チェック! PJP出張」を使って、「博多⇒東京」出張をPJP会議に切り替える場合の新幹線と飛行機のCO2排出、交通費、人件費の削減量の違いを試算します。

「月に2回、10名が博多(福岡)⇒東京に出張する」という試算をしました。

【博多⇒東京を飛行機で】

7_airplane

移動に要する運賃736,000円
移動に要する人件費200,000円
移動に要するCO2排出量2,021kg-CO2

【博多⇒東京を新幹線で】

8_train

移動に要する運賃442,400円
移動に要する人件費413,333円
移動に要するCO2排出量446kg-CO2

【所感】

  • 運賃は、「飛行機>新幹線」ですが、移動にかかる時間を経費換算すると、「飛行機<新幹線」となります。
  • 合計の費用は、ほぼ同額になります。
    「飛行機は、時間を買っている」ということになるのでしょう。
  • 移動に伴うCO2排出量は、「新幹線>飛行機」となりました。
  • 定例出張をPJP会議に置き換えることで、膨大な経費節減とCO2排出の抑制が行えることが数字で把握できました。

【環境関連情報】

【環境関連サイト】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。