[トピックス]


<DiSわぁるどin京都(その1)-出展>

[トピックス] DiSわぁるどin京都(その1)-出展

ヤマハの平野です。

2008/9/4~9/5に開催される「DiSわぁるとin京都」に出展します。RTX1200は、発表後初披露になります。ご都合をつけて、ご来場ください。

【「DiSわぁるどin京都」の開催概要】

【「DiSわぁるどin京都」への出展概要】

ヤマハは、「IT・ネットワークインフラ」ゾーンの小間番号:BA-12とBA-13に出展し、次のような展示を行います。

  • 「URLフィルタリング機能」で有害サイトを切り分け
    急増するWEBブラウザ経由の感染。しかし全てのクライアントPCに対策をとるのは大変です。PCを管理するルーターでウェブ閲覧の管理や制限をする国産URLフィルタリングサービスに対応しました。(デジタルアーツ社、ネットスター社)
  • 「省電力設計&RoHS対応」で地球環境にやさしい
    「事業所単位」から「企業単位」のエネルギー管理を求められ、2010年4月からCO2排出量削減義務がほぼ全ての設備に課せられます。PCやサーバー、24時間フル稼働する省電力ルーターもCO2排出量削減対策を。
    ★RTX1200初披露
  • 「電話」でお手軽コミュニケーション
    事務所に「PJP-50R」を1台導入し、一般電話回線・携帯電話で外出先の携帯電話や他の一般電話から2拠点間(1人対N人)の「今すぐ通達」ができます。IP会議ならば最大4拠点までのコミュニケーションが可能です。
  • 「WEB会議」で快適コミュニケーション
    PCで資料共有できるWEB会議。ヘッドフォンでのつらい長時間会議を解決する本格派マイクスピーカー、ヤマハ「PJP-25UR」を使って、オフィスでも出張先でも快適コミュニケーションを実現します。

【RTX1200情報】

【DiSわぁるどin京都関連】

【前回の「DiSわぁるどinしずおか」情報(2007/11)】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。