[会議システム]


<PJP-50USBニュースリリース>

[会議システム] PJP-50USBニュースリリース

ヤマハの馬場です。
本日(10/7)13時にPJP-50USBを発表しました。

http://www.yamaha.co.jp/news/2008/08100701.html

PJP-50USBは、一見「PJP-50R」のUSBモデルですが、中身は大幅にチューンアップされています。

何が改善されているかというと・・・
1. 収音範囲が広がりました。
高感度マイク採用と下記「話者追尾機能」との併せ技で収音範囲が広がっています。中規模(10m×6m)会議室で1台で十分に使っていただけます。

2. 話者自動追尾機能が改善されました。
というか、従来機種にあった「ゾーン」「スポット」のモードは無くなって「話者自動追尾機能」でしか動きません。プロジェクターを真横に置いても反応しませんし、部屋の反射音の影響も受けにくくなっています。PJP-50USBでは収音範囲を広げていますので、ゾーンモードで全周囲を満遍なく収音してしまうとノイズ成分も多く拾ってしまうため、「話者自動追尾機能」で収音範囲を狭めることにより「広い収音範囲」と「クリアな音質」を両立させているのです。

3. ノイズリダクションが強力になりました。
PJP-50USBの横にプロジェクタを置いても大丈夫です。追尾が影響を受けないのはもちろんのこと、プロジェクタ方向を収音したときもノイズリダクションでプロジェクタノイズを除去します。

そのほかにもエコーキャンセラーやスピーカー再生など様々な改善がされております。今後改善点・使用イメージ・特長を随時掲載していきます。
なお、通話使用は出来ませんがITpro ExpoのWeb会議ベンダーさんのブースに展示していただく予定になっていますので、来週15~17日の間にビッグサイトに行かれる予定がありましたら、是非探してみてください。

【音声コミュニケーション機器のニュースリリース】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。