[ファイアウォール]


<RTX1200新製品発表会-(その24)札幌~名古屋のデモ>

[ファイアウォール] RTX1200新製品発表会-(その24)札幌~名古屋のデモ

ヤマハの平野です。

住商情報システム様主催のパートナー様向けRTX1200新製品発表会が開催された札幌会場」、仙台会場」、広島会場」、福岡会場名古屋会場で実施したデモンストレーションをご紹介します。

東京会場、大阪会場では、開発者に協力してもらって精度の高い消費電力測定をデモンストレーションしました。→RTX1200新製品発表会-(その4)東京・大阪のデモ

札幌、仙台、広島、福岡、名古屋では、機材の運搬などが大変になるので、手軽に消費電力測定を実施するポータビリティのあるデモンストレーションをしました。

【デモ構成】

最近、「省エネ対策向け」に電気店で大量に販売されている家庭利用する電力計を使って測定しました。この電力計は、有効桁数が「小数点以下0桁」ですが、比較的精度が良いようです。

小型ですので、客先デモには、ピッタリだと思います。

LANケーブルを使って、LANをリンクさせるデモンストレーションだけ行いました。機器があれば、microSDメモリやUSB型携帯データ通信端末も測定可能です。

Localdemo1

【結果概要】

札幌から名古屋まで、同じRTX1200(住商情報システム様の管理番号 S-23)を利用しましたが、地域によって、少し差がでていました。

Localdemo2

【ご参考:状態の区別方法】

デモンストレーションの時は、シリアルケーブルを接続していたので良くわかりませんでしたが、電源を入れたときには、POWERランプが消灯→点滅→点灯と変化して起動されたことを表示します。起動中は、消費電力が大きく増減しますので、完全に点灯した時点の消費電力を確認にします。

Checkpower

1000BASE-Tと100BASE-TXでは、LANのSPEEDランプの色が異なります。会場のUSBカメラでは、緑色と橙色の判別が難しかったのですが、このような感じです。

Checkspeed

【サンプル設定】

【省エネコマンドの実施例】

省エネコマンドの実施効果の測定結果例がありましたので、一緒に紹介します。省エネは、このような小さな積み重ねでコツコツと節約する地味な活動です。

Localdemo3

【各地の様子】

札幌会場

Sapporodemo

仙台会場

Sendaidemo

広島会場

Hiroshimademo

福岡会場

Fukuokademo

名古屋会場

Nagoyademo

【RTX1200関連情報】

【Interop Tokyo 2008に参考出品したG1の話題】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。