[トピックス]


<eco-products 2008(その24)-撤収>

[トピックス] eco-products 2008(その24)-撤収

ヤマハの平野です。

エコプロダクツ2008の三日間が終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。来場者が見たこと無いイベントの裏側の撤収風景をご紹介します。

ヤマハ・ヤマハ発動機ブースは、「木工廃材を出さない」という前提で準備してきましたが、ちゃんと出来ているでしょうか?

【撤収】

撤収の第一弾は、展示物の片付けですが、丁度終わりました。これから、撤収第二弾である「ピラ・システム」と「クリック・システム」の解体が始まります。

Img_2979

クリック・システム」は、フィルムが取り外された後で骨組み部分がブース脇に片付けられています。これから一つ一つの部品に分解されてゆきます。

Img_2981

ピラ・システム」の分解が始まりました。

Img_2982

電動ドリルで。

Img_2987

手作業で。

Img_2985

アクリルパネルがどんどん外されています。

Img_2983

文字は、剥がせる材料(シール?)でした。

Img_2986

如何ですか?

【一般的なブース】

一般的なブースは、トラスと木工ボードで作られています。トラスは、このような金属の構造物(骨組み)です。これは、裸のまま使われたところです。

Img_2825

通常は、このようにトラス(骨組み)に木工ボードを貼っているのだそうです。

Img_2990

使用した木工ボードは、廃棄されるのです。

Img_2988

【環境コミュニケーションステージ】

主催者による「環境コミュニケーションステージ」のステージは、木枠のブロックを組み合わせて作られていました。さすがですね。

Img_2993

【関連ブログ】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。