[トピックス]


<浜松市浜北区(その10)-Petit veit(プチヴェール)>

[トピックス] 浜松市浜北区(その10)-Petit veit(プチヴェール)

ヤマハの平野です。

最近、全国区で知られるようになったプチヴェールを紹介します。自宅では、10年ぐらい前からサンプルを栽培しています。年末年始の今が丁度食べごろです。

プチヴェールは、静岡県磐田郡豊田町(現在は、磐田市)で開発され、「芽キャベツ」と青汁の原料となる「ケール」から生まれた新品種です。

我が家では、通常は、シンプルに茹でてマヨネーズをかけて食べています。芽キャベツと比べると、軽いので、ついたくさん食べてしまいます。

では、芽キャベツとプチヴェールの畑から紹介しましょう。

【芽キャベツ】

普通のキャベツは、天頂に大きくなりますが、芽キャベツは茎に鈴生りになっています。葉の根元に生っています。

Img_2704

近寄ってみると「葉の根元に生る」というのが確認できると思います。なお、葉は切っちゃってあります。

Img_2705

ひとつ採取してみました。

Img_2706

【プチヴェール】

プチヴェールも芽キャベツと同じ様に生ります。

Img_2701

近寄ってもどのように生っているのか、わかり難いです。

Img_2703

ひとつ採取してみました。結球する前の小さなキャベツという雰囲気です。

Img_2707

下部を写してみました。

Img_2708

【芽キャベツvsプチヴェール】

大きさを比較してみました。どちらも同じぐらいの大きさです。

Img_2710

比較のためにゴルフボール(直径4cm程度)と一緒に写してみました。思いつきで写したのですが、想像以上に大きさが同じでビックリしました。

Img_2709

Img_2714

オレンジ色のゴルフボールと写してみました。ちょっと、ゴルフボールが大きく見える。

Img_2711

Img_2715

【茹で上がり】 (2008/1/20追記)

まず、芽キャベツです。大きさも様々。

Img_2717

次は、プチヴェール。マヨネーズをかけたり、ドレッシングをかけたり、酢味噌をかけたり。

Img_2718

【Petit veitについて】

【浜松市浜北区の話題】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

ヤマハの平野です。
昨日、プレ葉ウォーク浜北(アピタ浜北店)に寄ったら、プチヴェール(JAとぴあ浜松産)と芽キャベツ(産地未確認)が販売されていました。

プチヴェールと芽キャベツをさっとゆでて食べてみました。
市販されているものはマヨネーズが必須ですが、さすが採り立て!!!何もなくてもとっても甘くて幸せな気分。
プチヴェールは多少苦味があると聞いていたので覚悟?して一口。
葉っぱが柔らかくてとても美味しかったです。茎部分に甘みを感じます。
サラダに入れても華やかですしお弁当にひとつ入れると花が咲いた風でとても綺麗です。
残念ながら遠鉄百貨店にはなかったようです。

ヤマハの平野です。
イ・ミヨンさん、ご感想ありがとうございます。自宅で作った野菜を試食していただきました。
プチヴェールでは、マーケティングというものを考えさせられますね。消費者に対しては、食べ方を伝える工夫が必要ですね。流通に対しては、量、品質、流通方法が課題になりますね。このような状態の販売は、家庭菜園(DIY)か、業務用(料理店向け食材)になるということでしょうか。
身近なところで手に入れるには、ファーマーズマーケットのようなところぐらいですかね。

ヤマハの平野です。
最近、サンストリート浜北(西友)や遠鉄ストアなどでプチヴェールが置かれるようになりました。なので、食べたければいつでも食べられますよ。

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。