[トピックス]


<黄砂とボンベイ庵>

[トピックス] 黄砂とボンベイ庵

ヤマハの平野です。

3/21は、午前中から記憶の中では最も酷い『黄砂』でした。そんな中「伝説のカレー屋」さんといわれている(らしい)『ボンベイ』が復活した『ボンベイ庵』に行ってきました。

【黄砂】

朝10:00頃、約500mぐらいの距離にある丘が、全く見えませんでした。新聞に視界が2kmとか書かれていましたが...写真は、翌日の丘(山)の景色。

Img_4873

午後1時ごろ、近所のホームセンター屋上から風力発電を眺めるが、黄砂が減ってきていても視界がとても悪い。

Img_4870

望遠で風力発電を見ると、薄っすら見える。通常であれば、クッキリ見える。

Img_4869

これは、豪雨のときに霧の隙間から見えた風力発電。黄砂は、豪雨時と視界の悪さは変わらない。

Img_4669

帰宅後の自宅に停めてあった黒い車のボンネット。

Img_4871

【ボンベイ庵】

10代の頃、初めてのインド料理(インドカレー)を食べたのが、「ボンベイ」でした。そのような思い出を持ってらっしゃる方が多いようで、『伝説のカレー屋』さんといわれていると聞いたこともあります。その「ボンベイ」が、浜松市北区細江町に復活しました。

ボンベイ庵
http://bonbey.hamazo.tv/

入り口にある看板。営業日は、金、土、日、月です。一日5組ぐらい(座席分だけ)なので、予約が必要です。予約が取れたら、1日ゆっくりしていっていいそうです。本を持ち込んだり、勉強道具を持ち込んだり、昼寝したり、とにかく、景色や自然をゆっくり楽しんでもらいたいのだそうです。

Img_4783

ボンベイらしい「象のおきもの」

Img_4846

高台にあるので、景色が自慢のボンベイ庵さんなのですが、黄砂で真っ白。

Img_4788

暖炉があって、部屋が暖かい。

Img_4787

カレーはオーソドックスです。一品料理がお奨めだと思います。

●シーフードのスパイスソース炒め

Img_4802

●タンドリーチキン

Img_4804

●国産豚スペアリブの香味ソース焼き

Img_4806

●サラダ

Img_4807

●バナナラッシー

Img_4808

●りんごラッシー

Img_4809

●ビーフカレー

Img_4812

●キーマカレー

Img_4813

●チキンカレー

Img_4814

【SNカレー部】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。