[トピックス]


<桜2010-暖地さくらんぼ(4月)>

[トピックス] 桜2010-暖地さくらんぼ(4月)

ヤマハの平野です。

2月末に開花した「暖地さくらんぼ」(サクランボの桜の品種)の4月末のサクランボの成長をお伝えします。

【4月下旬の暖地さくらんぼ】

ビニールハウスで覆われてしまった暖地さくらんぼは、外からも赤く色づいているのがわかるほどになりました。

Img_5068

もっとも赤い実は、このような感じで、おいしそう。でも、まだ、酸っぱいようです。ゴールデンウィーク頃には、食べられるようになるのでは?

Img_5070

まだ青い実もたくさんあります。

Img_5073

落下している実もたくさんあります。ある程度大きくなっているので、豊作過ぎて暖地さくらんぼ自ら摘果しているのではないかと思われる。

Img_5074

【4月下旬の河津桜】

河津桜も赤くなってきましたが、暖地さくらんぼと比べると赤みも大きさも今一。

Img_5063

近寄ると大きく見えるけど、干しぶどうぐらいの大きさ。

Img_5065

【4月下旬のソメイヨシノ】

会社付近のソメイヨシノを観察してみました。少し膨らみかけた実があるようにも思われるが、ほとんど結実していない。これもしばらくすると、落ちてしまいそう。でも、場所が良いと結実しているものもあるようです。

Img_5080

一斉に咲くというのは、人間に感動を与えてくれるけど、植物にとって良いことなのだろうか?

種子を残すための受粉に昆虫(ミツバチなど)の力を借りる前提だと、五月雨のように開花する暖地さくらんぼは、理に適っているのかもしれない。

【色々な動物が活動を始めた?】

暖地さくらんぼの撮影をしていたら、ガサゴソと音がしたので、音がする方をよ~く観察してみたら、トカゲくんがじっとしていました。

Img_5066

【2013年の桜】

【2012年の桜】

【2011年の桜】

【2010年の桜】

【2009年の桜】

【2008年の桜】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。