[ファイアウォール]


<ITproEXPO2010(その6)-NVR500動態展示 #itpro_expo >

[ファイアウォール] ITproEXPO2010(その6)-NVR500動態展示 #itpro_expo

ヤマハの平野です。

「東京ビッグサイト」にて開催されている「ITpro EXPO 2010」の 13-01 住商情報システム/ヤマハブースの外側で展示されているNVR500の動態展示をご紹介します。

【展示概要】

  • パネル:大型3枚、小型1枚 (計2組)
  • ファイル共有やモバイルインターネットの動態展示のNVR500が1台 (計2組)
  • 内線IP電話の動態展示のNVR500が1台 (計2組)
    ("7#100#"と"7#200#"で相互呼び出し)
  • 内線電話番号管理の電話帳サーバー RTV01が共通で1台

【製品紹介パネル】

NVR500の製品特長をご紹介しています。

Img_4799

【ファイル共有とモバイルインターネットの展示】

ファイル共有とファイル同期をご紹介しています。

Img_4798

このNVR500に接続されたUSBハードディスクでファイル共有をして、対向のNVR500とファイル同期しています。もうひとつのUSBポートに接続された携帯データ通信端末では、インターネット接続も可能です。

Img_4801

今回、NVR500で検証済みの携帯データ通信端末を公表いたしました。RTX1200やSRT100と同等の端末で利用できることが確認できました。

Img_4847

【IP電話/VoIPの展示】

電話関係の機能をご紹介しています。

Img_4800

TELポートにアナログ電話機を接続して、対向のNVR500と内線通話を可能にしています。
こちらは、内線番号が「200」ですから、対向に繋ぐときは「7#100#」とダイヤルしてください。対向からこちらに電話するときは、「7#200#」になります。なお、最後の「#」は、「即時発信」という機能なので、直ぐにダイヤルしたいときにタイプしてください。

Img_4802

内線IP電話を構築するときは、電話帳サーバー RTV01をご利用いただくと、手軽な構築や管理が可能です。つまり、ネットボランチ専用のSIPサーバーです。

Img_4804

こちらが、RTV01を利用した構築イメージです。

Img_4805

【NVR500の写真】

電源スイッチにピントを合わせてみました。

Img_4841

USBポートにピントを合わせてみました。

Img_4845

ヤマハロゴにピントを合わせてみました。

Img_4846

【ITpro EXPO 2010/VC2010関係】

【NVR500関連情報】

【SWX2200関連情報】

【Interop Tokyo 2010記事】

【ITpro EXPO 2009/VC2009関係】

【ITpro EXPO 2008/VC2008関係】

【VC2007関係】

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。