[ファイアウォール]


<ITproEXPO2010(その7)-SWX2200動態展示 #itpro_expo >

[ファイアウォール] ITproEXPO2010(その7)-SWX2200動態展示 #itpro_expo

ヤマハの平野です。

「東京ビッグサイト」にて開催されている「ITpro EXPO 2010」の 13-01 住商情報システム/ヤマハブースの外側で展示されているSWX2200の動態展示をご紹介します。

【ヤマハからスイッチ製品を発売】

2010年10月6日にスイッチ製品の発売を発表いたしました。販売開始は、来年の2月です。少しお時間がありますが、皆様にどんなスイッチなのかよ~くご理解いただく時間を確保したかったので、早めに発表しました。是非、会場で活発な意見交換をお願いします。

【Web速報】

【なんで、今更、スイッチ製品を発売するの?】

「既存顧客からの要望」としては、ルーターに内蔵されているスイッチと同等の製品があるといいなぁ、などと、随分前からご要望いただいておりました。

社会的タイミングも良いのかなぁ。今までコスト重視で100Mハブを使うケースもありましがが、1Gハブの価格が随分と安くなっています。WANもギガが標準になってきました。LANもギガでしょう。また、省エネ法も施行しています。スイッチ製品の買い替え時なので、このタイミングでヤマハ製スイッチも選定候補にしていただければ光栄です。

でも、たくさんの既存のスイッチベンダーさんやスイッチ製品と既存カテゴリーで「価格勝負」できるのか?出来るわけありません。

だから、よ~く、じっくり、考えて、煮詰めて、ちょっと変わったものを作りました。最初は、戸惑いを感じるかもしれませんが、きっと、お役に立つと思います。

【既存の物差しと新しい物差し】

物を判断する基準で「物差し」という言葉があります。

「既存のスイッチ製品に関する物差し」(SWX2200を単品のスイッチとしてみた場合)では、「スマート・スイッチ」もしくは「ライトマネージド・スイッチ」といわれるSNMP機能を持たないスイッチのカテゴリに該当します。価格勝負の世界です。省エネ法などでは、スイッチ製品をこのカテゴリで分類しています。

ここでスイッチ製品の選び方に「新しい物差し」を持ち込みたいのです。現場での設置、管理、保守の作業をイメージしてください。既存商品は、技術者に負担を強いていないでしょうか?そんな疑問を持っています。ルーターとスイッチ製品を繋ぐだけで設置が完了する。遠隔から随時変化するLAN環境を把握できるようにする・見えるようにする。機器交換を簡単にする。そのようなことを実現するために作られたスイッチが「SWX2200シリーズ」なのです。

【SWX2200の動態展示】

実機をこのように並べて、「トポロジー」をリアルタイムで調べて表示する機能をデモンストレーションしています。

  • 最上段のPCとRTX1200は、RTX1200の設定画面を表示しています。
  • RTX1200は、下段の3台のSWX2200を制御しています。
  • 中段のSWX2200-24Gは、「ディストリビューションハブ」を想定して配置しています。
    上位にルーター(RTX1200)、下位に「島ハブ(SWX2200-8G)」と繋いでいます。
  • 下段のSWX2200-8Gは、「島ハブ」を想定して配置しています。
  • 適当に繋ぎかえると、RTX1200の設定画面で表示されているトポロジーもその構成にあわせて再表示されます。

Img_4809

【パネル】

動態展示の構成を紹介するパネルです。

Img_4810

「スマートL2スイッチ SWX2200-8G/SWX2200-24G」の製品紹介です。

Img_4811

【SWX2200-24Gの写真】

Img_4831

【SWX2200-8Gの写真】

スイッチ製品らしさは、LANコネクタ周りですね。そこがデザインのポイントです。

Img_4837

Img_4838

Img_4835

【ITpro EXPO 2010/VC2010関係】

【NVR500関連情報】

【SWX2200関連情報】

【Interop Tokyo 2010記事】

【ITpro EXPO 2009/VC2009関係】

【ITpro EXPO 2008/VC2008関係】

【VC2007関係】

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。