[ファイアウォール]


<東北関東大震災や計画停電にともなうFAQ、および、お問い合わせ窓口の稼動状況について>

[ファイアウォール] 東北関東大震災や計画停電にともなうFAQ、および、お問い合わせ窓口の稼動状況について

計画停電にともなうお問い合わせ窓口(ルーター)の稼動状況について

  • ルーターお客様相談センター:
    平常どおり稼動しています。
  • ネットボランチコールセンター:
    計画停電対象地区(第4グループ)のため、当該地区の計画停電実施時間は電話が繋がらなくなる可能性があります。これまでのところ停電の影響は受けておりませんが、電話が繋がらない際にはお手数ですが第4グループの計画停電の実施状況を東京電力のHP等でご確認いただけますようお願いします。

また、交通網の乱れにより電話応対オペレーターが少なくなる時間帯もあり、稼働中も電話が繋がりにくくなったり、メールでのご対応が遅くなったりする可能性がございます。

東北関東大震災や計画停電にともなうFAQは、下記本文をご確認ください。

ヤマハルーターのサポート情報:

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

【東北関東大震災や計画停電にともなうFAQ】

また、読者の方からコメントがありましたら、随時公開して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q1. 停電に対するルーターへの影響は?

ヤマハルーターは、ほとんどの状況で突然停電しても問題ない設計になっています。パケット転送を行っている状態の時に、突然停電しても故障はしません。復電すれば、そのまま通信相手との接続を回復し、パケット転送できる状態にもどります。

注意事項(1):

パワーオフログ保存機能」を有するRTX1200、および、NVR500において、電源スイッチでなく1次側電源が断たれると、それまでのログ(syslog)が正しく保存できません。
そのような事態で電源が絶たれた場合には、次回起動時に"fail to extract syslog"というログが記録されますので、その状態を確認することができます。

計画的な停電の場合は事前に電源スイッチを利用したシャットダウンを行うようにしてください。

ログ書き込み中に電源が断たれた場合でも上記ログが出るだけで、その後の起動や運用には影響ありません。

注意事項(2):

内蔵フラッシュROMへ書き込みを行っているときに限り、突然の停電があると内蔵フラッシュROMが中途半端な状態になってしまい、復電した時に正しく動作できなくなる可能性があります。内蔵フラッシュROMへの書き込み動作は、以下の場合に発生します。

  • ファームウェアのバージョンアップ
  • saveコマンドの実行
  • WWW GUIからの設定変更(変更した設定内容が都度saveされる)

したがって、計画停電の時間が近づいた時には、以上のような操作を行わないようにお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q2. 復電したがルーターが正しく動作しない

復電したが、ルーターが正しく動作しない場合の問題切り分け方法は以下のとおりです。

  1. 通信相手の電源の状況を確認する

    通信相手が停電している場合には当然、ルーターは相手と通信できません。

  2. ルーターの電源スイッチをOFFにするかあるいはACコンセントを一度抜いて電源を落とし、再度電源を入れ直す

    復電時の不安定な電源供給により、ルーターの電源回路中にある保護回路が動作し、電源回路が停止している場合があります。その場合は、ルーター側で電源を一度OFFにすることで回復します。

  3. WANケーブル、LANケーブルを一度すべて抜き、再度差し直す

    ルーターは動作しているものの、通信相手との同期がうまくいかずに通信できない状況になることがあります。その場合、ケーブルを一度抜き、差し直すことで通信できるようになることがあります。

  4. pingで、近くから順に到達性を確認する

    ルーターのLANポートに接続したPCから、ルーター、ルーターの直接の通信相手、さらにその先、とPCの近くから順にpingコマンドで到達性の確認を行います。到達性がなくなったところが問題のある場所になります。

  5. シリアルコンソールでルーターの動作状態を確認する

    シリアルコンソールでルーターの動作状態を確認します。まず、ルーターにログインできるか、ログインした後、コンフィグの表示やポートの状態が表示できるか、ルーターのpingコマンドによる通信相手への到達性、等を確認します。

  6. ルーターの設定を確認する

    ルーターの設定を変更したが保存しないまま運用していた場合などは、停電前と復電後でルーターの設定が変わっており、それが原因で通信できない場合があります。ルーターの設定が意図通りであるかどうかを確認します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q3. 停電時にISDN電話が使えるようにするには?

アナログ電話およびISDN電話は、停電時に「局給電」という仕組みで動作する仕様になっています。電話局から局給電があり、局給電で動作する電話機をご用意いただければ、固定電話はご利用いただけます。

局給電がある時、ISDN電話を利用する方法。

  • DSUとISDN電話機(S-1000, S-2000)があれば、切り替える。
  • 「乾電池による停電バックアップ機能」を有する(古い)ISDN-TAやISDNルーターに切り替える。
    ヤマハ製品の場合:RTA50i/RTA52i/RTA54i/RTA55i/RT60w/RTW65i
  • ISDN-TA機器やネットボランチなどに無停電電源装置(UPS)や発電機を接続し、アナログポート(TELポート)に局給電動作可能なアナログ電話機を接続する。

なお、ISDNが主流の時代にはISDN-TAやISDNルーターで「乾電池による停電バックアップ機能」がありましたが、最近は、需要が無くなり省かれております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q4. ネットボランチ電話を使うにはどうしたらいいですか?

インターネット接続回線、ネットボランチ製品(NVR500等)とアナログ電話機があれば、利用可能です。「ネットボランチDNSを用いたインターネット電話」を略して「ネットボランチ電話」と呼ぶことがあります。ネットボランチ電話は、ネットとボランチ同士が、ネットボランチDNSで相互にIPアドレスを調べて、機器同士が直接通信をするシンプルな仕組みです。サーバーの輻輳などの影響を受けにくいので、災害時などでも繋がりやすい通信方法です。

詳しくは、マニュアルやソリューションページなどをご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q5. 停電時にブロードバンド接続環境を維持するにはどうしたらいいですか?

プロバイダ側の設備が稼動している状態であれば、ADSLモデム、ONU、ルーターなどのブロードバンド接続に必要な機器のための電源を無停電電源装置などにより確保できれば、継続利用することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q6. ルーターで省エネするには、どうしたらいいですか?

RTX1200やNVR500に実装している省エネ機能

  • LANポート

    ポートごとに指定してシャットダウンできます。
    lan shutdown コマンド
    未使用ポートは、自動でシャットダウンします。

  • ISDNポート

    未設定時には、電力消費を抑えます。

  • USBポート

    未使用時に給電を停止することができます。
    usbhost useコマンド

  • microSDポート

    未使用時に給電を停止する。
    sd useコマンド

  • ランプ (LED)の輝度調整

    輝度を下げる。
    system led brightness コマンド

  • NVR500では?

    LAN/ISDN/USB/TEL/microSD/LEDの各項目で指定して消費電力を抑える機能があります。

設定などで工夫できる方法をご紹介します。

  • イーサネットの通信モード調整

    10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tのなかで、最も消費電力の少ない通信方式は、100BASE-TXです。1Gbpsの速度が不要な端末との接続LANポートを100BASE-TXにすると消費電力を抑えることができます。

どの程度の効果があるの?

参考資料

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q7. 災害対策用にWeb会議/テレビ会議システムを無償で利用できるサービスを教えてください。

東北地方太平洋沖地震対策用アカウントを提供しているサービス
(※TweetやWebサイト情報などから収集したものです。)

参考情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q8.ネットボランチ電話は、携帯データ通信端末で利用できますか?

NVR500には、USB型データ通信端末を接続して、インターネット接続できますが、ネットボランチ電話(ネットボランチ電話番号を使ったインターネット電話)としていくつかの制限事項(注意事項)がありますが、利用可能です。

注意事項

  • 携帯データ通信網は、有線のデータ通信回線と比較して、一般的に遅延が大きいです。
  • キャリアが、「IP電話」を実現するプロトコル「SIP(シップ)」の利用を制限している場合には、ご利用いただけません。
  • PPTPやIPIPでVPN構築された環境であれば、SIPを制限しているキャリアでも、内線IP電話として利用可能です。(その場合は、ネットボランチ電話番号での通話になりません。)

関連情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q9.ネットボランチ電話の動作確認は、どうしたらいいですか?

動作確認用に無料インターネット電話をご用意しております。「##21574061」をダイヤルしてください。通話に成功すると自動応答の音声を聞くことが出来ます。

関連情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q10.リモートでPCの起動・停止を行うためのWOL(Wake on LAN, Magic Packet)機能はありますか?

ヤマハルーターには、WOL(Magic Packet)に関する2つのコマンドがあります。

  1. 遠隔地から発行されたMagic PacketをLANに中継する。
  2. ログインしたルーターからMagic Packetを発行する。

用途に合わせてご活用ください。

ヤマハルーターのWake on LAN機能

共通のコマンド・リファレンス

NVR500のコマンド・リファレンス

参考情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

Q11.ISDN回線が切断コード[42]や[47]で切断されますが、どのような原因が考えられますか?

震災や地震後に切断コード[42]や[47」で切断されているようでしたら、震災や地震の影響と思われます。

切断コード情報

参考情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⇒ FAQ一覧

【そのほかの関連情報やヒント】

集約情報サイト

個別情報など


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

動的IPアドレスでも、固定IPアドレスを利用できるサービスがありますよ
マイIPサービス
http://www.interlink.or.jp/service/myip/index.html

皆様/管理ご担当者様 はじめまして。
お役に立てるかわかりませんが、WebEXの簡単な始め方をPDFに整理してみました。
http://bit.ly/ciscowebex_manual

こちらに投稿すべきでなければ削除させて頂きます。

シスコ 中川

ヤマハの平野です。
みなさん情報ありがとうございます。参照される方に有意義だと思われるコメントがありましたら、確認の上、公開して参ります。チェックしながら公開いたしますので、多少の公開遅れはお許しください。

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。