[会議システム]


<第1回 オフィスサービスEXPO>

[会議システム] 第1回 オフィスサービスEXPO

【は】です。

5月11〜13日にビッグサイトで行われたオフィス総合展2011内のオフィスサービスEXPOに行ってきました。

まずは、この日のビッグサイト。
相変わらず異様な形ですよね。飛びそう。

20110519_1

この日は、色んなEXPOを一堂に集めた巨大な複合展示会が行われていただけのことはあり、内部は人がうじゃうじゃでした。通路が歩きにくいくらい。

昼ご飯も苦労しました。レストランはどこも長蛇の列。それならと向かったコンビニではレジ待ち列が店内を一周しているのを見てすっかり萎え、仕方なく会場内の屋台で売られていた割高なカツサンドを、会場隅っこの壁に持たれ掛かりながら食べました。しかもカツが固くて薄くて小さい…涙の味がしました(笑)

さて、「オフィスサービスEXPO」の様子はこのような感じでした。

20110519_2

20110519_3

ここに幾つかのWeb会議ベンターさんが出展しておりましたが、数年前に比べて、Web会議の認知度も必要度も随分上がっていて、各ブースを訪れる方々の人数も多く、かつ、皆さん真剣に説明に耳を傾けていらっしゃいました。

そのWeb会議ベンダーさんのブースの多くにはヤマハのPJPを展示して頂いておりました。みなさまありがとうございました。

20110519_4

本来、Web会議というのは自席からヘッドセットを装着して、遠隔地の複数人とコミュニケーションするものでした。複数人で繋がるSkypeみたいなものですが、もう少しセキュアな環境において、業務寄り機能(資料共有など)を充実させた、企業内コラボレーションツールという位置付けです。

これに対する存在としてはTV(ビデオ)会議システムがあります。一部屋に複数人の参加者がいて、そういう部屋同士を繋ぐことで、会議室to会議室のコミュニケーションが出来ます。この場合、ヘッドセットではなく、ハンズフリーのマイクとスピーカーを使用するのが一般的です。

ヤマハのマイクスピーカーPJPシリーズは、このTV会議システムの世界をWeb会議でも実現出来るようにしたハンズフリーマイクスピーカーです。つまり、TV会議と比べて安価なWeb会議であってもTV会議が出来るようになるという「うれしい製品」です。

発売当初、まだWeb会議が浸透する前は、ヤマハとして出展したブースにお客さんがなかなか来なかったという辛い思い出もたくさんあります(笑)

「オフィスサービスEXPO」以外にも色々と回ったのですが、一番気に入ったブースデザインはここでした。上のねこちゃんが回転しているので、写真を撮るタイミングが難しかったですが。

20110519_5

担当のお姉様と会話したところ、やはりこのクロネコマークだけで寄って来てくれる人が多いのだとか。

最後にNECさんでバザ〜ルでござ〜るノートをもらって、上機嫌。

20110519_6

やっぱり展示会は販促品が大事だよな、というよく分からない結論とともに浜松に帰りました。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。