[ファイアウォール]


<Interop2011(その10)-初日の対応風景>

[ファイアウォール] Interop2011(その10)-初日の対応風景

ヤマハの平野です。

今年の出展テーマは、集客ではなく、開発者と顧客のコミュニケーションです。試作レベルの製品や機能を話題に皆さんと会話することを目的としています。利用者はもちろん、同業他社の方も是非オープンな情報交換をさせていただきたいと思っています。Interopですから、人間系の相互接続試験もね。

【コミュニケーションの様子】

NVR500 + SWX2200 + Luaスクリプトで組んだ冗長構成のデモをご説明しているところ。

Img_2534

SWX2200の説明をしているところ。

Img_2535

ショーケースと上部のプレゼンテーション資料をご覧になられているところ。

Img_2536

参考出品のG3についてご説明しているところ。

Img_2539

こちらは、L2TP over IPsec機能で、スマートフォンからルーターや社内LANにリモートアクセスするデモンストレーションをしているところ。

Img_2540

【展示会終了後】

初日がひと段落して、反省会など。

Img_2542

熱く議論しているようですね。

Img_2541

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。