[ファイアウォール]


<Interop2011(その13)-L2TP over IPsec>

[ファイアウォール] Interop2011(その13)-L2TP over IPsec

ヤマハの平野です。

スマートフォンからヤマハルーターにアクセスして社内LANにリモートアクセスするソリューションをサポートするために「L2TP over IPsec」を開発中です。今回は、どんなことが出来るようになるのかご覧いただいております。

【パネル】

「L2TP over IPsec」が実装されると何ができるのか?利用環境のイメージなどをパネルでご紹介しています。

Img_2432

接続イメージです。L2TP over IPsecは、スマートフォンで標準的に利用できるVPNプロトコルの一つです。

Img_2463

社内へのリモートアクセスの利用例をご紹介しています。

Img_2464

【展示】

展示には、たくさん使ってます。

  • RTX1200:スマートフォンのL2TP over IPsecを受け入れます。
  • SWX2200:RTX1200配下のSWX2200の接続状態を外部から確認できます。
  • NVR500+USB-HDD:スマートフォンのファイル共有アプリで、ファイルを出し入れできる。

Img_2488

【デモ1】

RTX1200のカスタムGUIには、「Wake on LAN」パケットの送出操作をする画面が用意されています。スマートフォンからL2TP over IPsecでRTX1200にログインし、このカスタムGUIにアクセスして、サーバーの電源を入れたり、切ったりすることができます。

Wake on LANパケットは、RTX1200が発行するので、確実です。

Img_2490

【デモ2】

スマートフォンのオペラ(ブラウザ)からRTX1200の設定画面を表示します。

Img_2586

今回は、SWX2200制御画面を表示して、LANの接続状態を確認します。

Img_2587

【デモ3】

スマートフォンのファイル共有アプリ(AndSMB, android marketからダウンロード)からLANにあるファイルサーバー(NVR500+USB-HDD)にアクセスします。

Img_2586

ファイルを見つけました。内容を確認するには、「ダウンロード」が必要です。

Img_2590

ダウンロードは、確認の上実行されます。

Img_2591

【ログ1】

L2TP over IPsecが動作している時のログを表示してみました。

Img_2593

【ログ2】

パワーオフログ保存機能が動作していた部分を写しておきました。6/8 18:01頃電源が切られ、6/9 9:15頃電源が入っており、"success to extract syslog"のログが出た時、ログが復旧されています。

Img_2592

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。