[トピックス]


<Interop2011(その15)-トイレッツ>

[トピックス] Interop2011(その15)-トイレッツ

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2011会場に居たのに撤退後に併催のデジタルサイネージジャパンのWebニュースを見て知った「トイレッツ」。思わず公式RT。そして、翌朝、開場前に調査してきました。

なお、「トイレ」の話題なので、見苦しい場面もあるかもしれません。気になる方は、閲覧をお控えください。

【トイレッツの速報】

【トイレッツ】

では、探してみようとこんな時間に...(開場前です)

Img_2563

一応、パネルを読ませていただいて、、、ソフトが色々あるのですね。

Img_2564

【トイレにゴー!】

ホール6の男性トイレに行くとありました。

Img_2565

どんな仕組みなのかなぁと思ってしまう。

Img_2566

待ち受け画面の1/2。

Img_2571

待ち受け画面の2/2。

Img_2572

【では、チャレンジ】

最初は、この状態。

Img_2567

徐々にこうなる。

Img_2568

そして、ある程度くると。

Img_2569

終了すると、「量」が表示されます。

【こんな課題を解決できるかも】

男性トイレには、こんな課題があります。この解決策は、テプラ1枚ですが、効果は今一。一般的には、「的」などを貼るものもありますね。

Img_2615

今回のソリューションは、デジタルサイネージで広告展開という使い方もあるでしょうが、公共施設などで、トイレを上手に使うというマナー向上という利用シーンもいいですね。

はい。私からの提案はこんなところで。

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。