[ファイアウォール]


<RTX810新製品発表会(その13)-ループ検知機能>

[ファイアウォール] RTX810新製品発表会(その13)-ループ検知機能

ヤマハの平野です。

2011年11月11日(金)の「RTX810新製品発表会」の札幌会場にあったデモ機材で「ループ検知機能」をテストしてみました。

【トポロジー表示】

Img_5309

Img_5308

【ループ検知機能を活用する設定】

ループ検知をした後の動作は、デフォルトでは「ポートを自動シャットダウンしない」になっていますが、その後のルーターからの監視動作などを有効に働かせるためには、自動シャットダウンさせた方がよいです。

Img_5331

このように「ポートを自動シャットダウン」するようにしておきます。

Img_5330

【では、ループさせてみましょう】

SWX2200-8GにLANケーブルでループさせます。自動シャットダウンが有効になっていれば、ループ接続したどちらかのLANポートがシャットダウンされ、ランプが点滅します。

Img_5326

ループしているポートを検知して自動シャットダウンしていれば、ルーターからの監視が可能になっています。スイッチ制御画面にて「!」と表示されています。

Img_5328

LANケーブルのループ障害を解消してもすぐには、LANポートのシャットダウンは解除されません。解除する場合は、MODEを切り替えるスイッチを押すことでシャットダウンが解除されます。そのままにしておいても、設定した時間が経過すれば、自動で解除されます。

Img_5329

【新製品発表会】

【RTX810関連情報】

【製品情報】

【Interop 2011に参考出品した「G3(仮)」のWebニュース】

【Interop Tokyo 2011記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。