[トピックス]


<JR浜松駅新幹線コンコース>

[トピックス] JR浜松駅新幹線コンコース

ヤマハの平野です。

JR浜松駅新幹線コンコースには、大と小の二つの展示ブースがありますが、地元企業の数社が交代で出展しています。2011年7月よりヤマハが小ブースを利用しておりますが、2011年11月中旬に新しい展示に切り替わっております。
新幹線浜松駅をご利用の際は、是非お立ち寄り下さい。

こちらが新しい展示です。ちょっと変わった感じです。

Img_5647

これは、「デジタルサウンドプロジェクター YSP-5100」です。

音のビームを壁面に反射
前後左右からあなたの耳へ
40個のビームスピーカーを個別に制御、
リビングに7つのスピーカーと1台のサブウーファーをセットしたかのような
迫力ある7.1chサウンドをYSP1台で実現します。

Img_5627

「壁面で反射する音のビーム 7.1chサラウンド ぜひご体験ください。」
つまり、この透明板は、そこにスピーカーがないということを明示しているんですね。

Img_5625

音のビームは、色の付いた矢印のように飛ぶようですね。写真では、黄色の矢印で音のビームがどのように反射するのかを示しているようです。

Img_5645

ブース内には、下位モデルのYSP-4100とYSP-2200も展示されています。

Img_5624

ブース内には、3つの椅子が設置されていますので、この不思議な音のビームをご体験ください。7.1chのスピーカーやウーファーを設置しなくても、手軽にサラウンドが楽しめるのですね。

Img_5626

【新幹線の話題】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。