[ファイアウォール]


<RTX810 ソフトウェア審査用機材が大量入荷>

[ファイアウォール] RTX810 ソフトウェア審査用機材が大量入荷

ヤマハの平野です。

11月下旬で社内を歩いていたら、たくさんのRTX810(通常生産品)を開梱していました。

開梱されたRTX810を並べてみました。3列×10台⇒合計30台あるようです。つまり、希望小売価格で約200万円分。

Img_5651

今回の30台は、今後リリースされるファームウェア(ソフトウェア)の審査(検査)に利用されます。

Img_5652

発売のためのソフトウェア審査は、生産前の試作ハードウェアで実施していました。これからは、生産した製品で動作させて審査を行うことにしていて、生産版のRTX810を大量に仕入れられたのです。これらのRTX810が皆様に提供するソフトウェアの信頼性維持に貢献してくれるのです。この後、一台一台に番号を割り振って、配布されていきました。

Img_5653

こちらが後ろ側。

Img_5655

【新製品発表会】

【RTX810関連情報】

【製品情報】

【Interop 2011に参考出品した「G3(仮)」のWebニュース】

【Interop Tokyo 2011記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。