[ファイアウォール]


<Interop2012(その10)-二日目 #InteropTokyo>

[ファイアウォール] Interop2012(その10)-二日目 #InteropTokyo

ヤマハの平野です。

InteropTokyo2012の二日目(2012/6/14)のヤマハ/SCSKブース(ブース番号:5N05、ShowNet NOCの隣)の様子をお伝えしいたします。

【会場到着】

曇りですが雲が薄い気がします。昼から晴れる予報でしたが、よく晴れました。

Img_8430

【開場前のヤマハ/SCSKブース全景】

ShowNet NOCに少し入ったところからヤマハブースを眺めてみました。ありがたいことに良く見えます。

Img_8431

【プレゼンテーション】

朝一番のプレゼンテーションが始まりました。

Img_8447

毎回、多くの方に聞いていただいて居りました。ありがとうございます。

Img_8455

Img_8456

Img_8465

【ブースの対応風景】

X11とX12の説明コーナー。こちらには「電波暗箱」という不思議な箱がありますので、ぜひ、見てってください。

Img_8459

こちらは、SWX2200の実機デモンストレーションをしているコーナーです。ここにきて、初めてヤマハのスイッチが何のためにあるのか理解してくださる方もおられます。ぜひ、実機でSWX2200のできること、できないことを確認してってください。

Img_8460

やっぱり人気は、X11の見える化機能とMDM機能です。X11は、「スマホの導入支援」てな感じのテーマなわけです。BYODを追っかけている方は、要チェックです。(受け売り)

Img_8461

Img_8464

Img_8467

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。