[ファイアウォール]


<Interop2012(その7)-初日 #InteropTokyo>

[ファイアウォール] Interop2012(その7)-初日 #InteropTokyo

ヤマハの平野です。

InteropTokyo2012の初日(2012/6/13)のヤマハ/SCSKブース(ブース番号:5N05、ShowNet NOCの隣)の様子をお伝えしいたします。

【会場到着】

数日前の天気予報では、少し雨が降る予報でしたが、幸い直前で「曇り」になりました。一日、雨は降らなかったようですね。良かった。

Img_8334

【開場前のヤマハ/SCSKブース全景】

ShowNet NOC側からヤマハ/SCSKブースを撮影してみました。少し横長な感じですね。

Img_8336

【プレゼンテーション】

プレゼンテーションには、朝早くから非常の多くの方にお集まりいただき熱心に聴いていただきました。プレゼンテーションが終わるとブース内で、非常に熱心に情報交換していただいたようです。ありがとうございました。

Img_8419

【ホワイトボード】

ブース内に数か所あるホワイトボードに説明用の情報などが記載されていました。いろいろ工夫しているようです。

こちらは、X11の「無線LANの見える化」を紹介しているコーナーです。お客様と情報交換して、気づいたキーワードなどをメモしているようです。「強欲AP検知」って面白いですね。私が記載してもらったのは、「通りすがりのAP検知」です。

Img_8422

こちらは、X11の「MDM機能」の紹介コーナーですが、仕組みを説明していたようです。赤い色で書かれた動物のようなのは、ドロイド君を書きたかったらしいのですが、上手く描けないと悩んでいましたのでどなたか書き直していただけると助かります。

Img_8421

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。