[ファイアウォール]


<#JANOG 30-倉敷の美観地区>

[ファイアウォール] #JANOG 30-倉敷の美観地区

ヤマハの平野です。

2012年7月4日(水)~6日(金)に開催された「JANOG30 Meeting」に参加するために倉敷にいきました。最終回の話題は、食事や景色などと「所感」です。

【往路】

7月4日に新幹線(こだま)で移動しました。浜松は晴れです。浜名湖で1枚。

Img_8636

名古屋で「こだま」から「のぞみ」に乗り換えです。

Img_8639

【倉敷市の美観地区】

7月4日の昼ごろ、美観地区に到着しました。

Img_8657

観光船の船着き場

Img_8658

夜の美観地区。

Img_8673

7月5日は、どしゃ降りになりました。

Img_8686

Img_8688

7月5日の夜景。建物がライトアップされ水辺に映りきれいでした。

Img_8723

Img_8727

Img_8730

7月6日最終日は、雨がだいぶやみました。

Img_8739

【懇親会】

懇親会場は、「倉敷アイビースクエア」ですが、アイビーって、これですよね。

Img_8717

懇親会では、協賛社がコールされます。弊社は、アイウエオ順で定番の「最後」です。

Img_8716

【名代とんかつ かっぱ】

ミニとんかつ定食を頂きました。

Img_8649

このとんかつ美味しいです。一見、みそカツ風ですが、デミグラスソースです。やさしい味付けです。

Img_8647

【ぶっかけうどん】

朝ごはんは、何しようと検索したら「ぶっかけうどん」のお店が引っかかりました。朝7:00から開いているようなので行ってきました。

Img_8674

初日は、ざる朝食セット。

Img_8680

二日目は、ぶっかけうどん(冷)。

Img_8737

【どよよいち?】

名代とんかつ かっぱさんの店頭で金魚が飾ってあったので、理由を聞いたら「どよよいち」が開かれ、夜に子供たちが商店街に繰り出してくるから楽しくなるように飾ったと。「どよよいち」って何?

Img_8651

確かに、店頭には、子供たちのお習字も飾られていました。

Img_8650

商店街をあるくと、夏祭りの飾りがされています。

Img_8682

ん?「土曜夜市」→「どようよいち」→「どよよいち」 ("う"が省略されているのか!)

Img_8683

確かによく見ると、「土曜夜市」を知らせるポスターがたくさん貼られていました。

Img_8736

【カレーの店 KAPPA】

カレーも食べておこうということで、「KAPPA」というお店に。味は和風で少し濃いです。

Img_8753

【協賛ブース】

展示やMeetingは、倉敷市芸文館です。

Img_8741

こうやって画面を撮っていると5個の丸い記号のようなものが映りこんでしまってなんだろう?

Img_8742

天井をみたら、このように明りが配置されていました。これは、岡山や倉敷に関わる何かのマークでしょうか。そんなこだわりを感じましたが。

Img_8743

【わらじカツ丼】

アリオ倉敷に出展する「いちや」の「わらじカツ丼」が気になって食べてきました。東京のもんらしいです。

Img_8767

薄いですが、3枚のとんかつが乗っています。

Img_8766

ウスターソース系ですね。

Img_8768

【復路】

倉敷市では、雨や曇りが多かったですが、名古屋を過ぎると徐々に晴れ間が見えてきました。

Img_8770 

【協賛について】

今回は「小型ルーターベンダー」として一歩踏み込んで、「協賛」をしてみました。

  • 展示内容は、Interop Tokyo 2012で参考出品した「X11」と「X12」を展示
  • X11の見える化機能で現地の無線LANの電波状態を観測してみる。

協賛結果のレビュー

    • 一人で参加するよりも、確実に多くの方と情報交換できます。
    • 参加される方がインターネットの今後について熱心なので、非常に濃い話になると思いました。

エンジニアとエンジニアの会話ができていいですね。
また、販売チャネルでは、遭遇しないような方との会話の機会がありますね。

  • Interop会場などの一般向けと比較して、ヤマハルーターを良くご存じです。当たり前?
    「この製品は、どんなコンセプトなの?」と非常に深い話を聞いてくださって、説明の甲斐がありました。
  • JANOG会場での2.4GHz帯電波状態。
    野良APは、非常に少ないようですが、狭い地域に無線LAN端末を持った人がたくさん集まるので、CRCエラーは出やすく、非常に混雑している様子が観察できました。
  • 5GHz帯は、空いていますが、CRCエラーも少しみられたので、たくさんの方が使われていたんでしょうね。

JANOGへの関わり方は、いろいろな形がありあそうですね。このブログで楽しく参加している様子を伝えることも、関わり方のひとつではないかと思い始めました。意外ですが、公式情報以外では、あまり実施されていない。ゆっくり、少しづつ工夫していきたいと思います。

X11が完成したら、どこかのJANOGで実践評価してください。>LAの皆さん
また、"4rd"を試すなら事前に相談してほしかったなw

【所感】

(1) 参加目的

ルーターベンダーとして参加する健全なポジショニングの模索なのです。JANOGerと相互に必要としている情報交換をすための参加のし方です。

今回は、協賛という形で弊社の最新技術を皆様にご覧いただくという目的で開発者を一人連れてくることができました。

彼がどのような意見を持ったのか、整理された結果を聞くのが楽しみです。

(2) rt100i-usersというコミュニティに参加する個人的心構えの「原点」を思い出させてくれた。

    • ある人が懐かしい昔のドキュメントをツイートしていた。
      試しに「なんで?」と聞いてみたら、伝わってたんですよね。ビックリしたし、うれしいじゃないですか。
      今でも、原点は、変わってない。だから、そのポリシーは持ち続けたいですよね。
      メーリングリストのマナーを教えてください
      http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Users/MailBody/manner.html
    • 「パネルディスカッション: これからのエンジニアに必要なことは何か」で話されていたこと。
      偉くなれ!
      そうだ。やりたい事がある人は、やりたい事の為に、偉くなれ!
    • 15周年イベントのオープニングでご挨拶してくださった「倉敷市長の伊東さん」や前夜祭でご挨拶された元衆議院議員の橋本さん?の存在。
      インターネットやIPv6推進活動をされていた方が政治・行政の活動に参画されている。
      10年、20年経って、様々な所で様々な役職で、少しづつ変化を起こしつつある。
      これなら会社や社会が変われるねって、感じた。
      これは、橋本さんの資料でしょうか?
      「IPv6 Summit 2006」

http://www.jp.ipv6forum.com/slides/1-1.pdf

10年ぐらい前「インターネットを使いたいからとりあえずネットボランチを使った。使っているうちに機能や仕組みが気になり、コマンドを覚えてきた。そうしたら、インターネット関連技術に詳しくなった。」そんなコメントをよく頂いた。うれしい。やはり、人が成長するための切っ掛けになりたい。

  • 「インターネットが使えればよい」→「インターネットを使いこなす」
  • 「有線LANがつながればよい」→「マネージメントに一歩踏み出す」
  • 「無線LANは、トラブルが怖い」→「無線LANを現状を把握して、より安全で快適な環境を継続して維持できる」

そんな風にヤマハのネットワーク機器を触ることで、利用者の皆さんが成長するきっかけになったらいいなぁ。

それは、「山葉寅楠さんがオルガンを作って子供たちに音楽教育を受けてもらいたい」と伝えられるヤマハの原点なのではないかと勝手に思い込んでいます。そういうことを思い出させてくれました。

(3) 自社設計、自社生産

ヤマハルーターは、筐体設計、電源設計、回路設計、基板設計、ソフトウェアを自社で行っていますが、生産も自社工場です。

よく分からないですが、それって珍しいの?

【JANOG関連記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。