[ファイアウォール]


<WLX302 デモ#1 無線LANの見える化(新製品記者発表会)>

[ファイアウォール] WLX302 デモ#1 無線LANの見える化(新製品記者発表会)

ヤマハの平野です。

『無線LANアクセスポイント WLX302』の新製品記者発表会の1つ目のデモ「無線LANの見える化」を紹介します。

【無線LANの見える化】

無線LANの見える化の画面には、黄色い枠で囲った5つの情報が表示されています。これらの情報から電波状態の良し、悪しを判断することができます。

Wlx302rssi

受信信号強度(RSSI)のグラフには、幾つか色分けされています。

  • 青い部分:WLX302自身
  • 黄線:同じ周波数を使っている。干渉するが、協調もできる。同じ周波数を共有している状態。
  • 赤線:利用周波数の一部が重なっている。干渉し、協調できない。お互いに妨害し合っている状態。
  • 緑線:利用周波数の重複が無い。お互いに影響がない状態。

この場合、注意すべき電波は、赤い線。

【2.4GHz帯の見える化画面】

電波状態は、周辺APの有無、受信信号強度、CRCエラー率など、刻々と変化しています。

Img_5091

Img_5094

【2.4GHzのスナップショット】

これは、リハーサルの時に確認したスナップショットと同じスナップショットですね。

Img_5095

【5GHz帯】

この情報も、リハーサル時と大きな違いは無いようです。

Img_5093

【端末一覧】

2台の端末が接続していますが、緑色で判定されていますので、どちらも問題なく通信できているようです。

Img_5096

デモは、事前チェックとほぼ同じ状態をご覧いただくことができました。

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】

【LAN見える化セミナー】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。