[ファイアウォール]


<WLX302 デモ#2 統合管理(新製品記者発表会)>

[ファイアウォール] WLX302 デモ#2 統合管理(新製品記者発表会)

ヤマハの平野です。

『無線LANアクセスポイント WLX302』の新製品記者発表会の2つ目のデモ「無線LANの見える化」を紹介します。

【RTX1200のスイッチ制御画面】

スイッチ制御画面から、SWX2200-8GやSWX2200-24Gに加えて、WLX302とSWX2200-8PoEが認識できるようになります。

Img_5105

【WLX302のLANが断線すると?】

断線(LANケーブル)を抜くデモを実施すると、スイッチ制御画面の情報も更新されます。

Img_5101

【個々の情報】

一つ一つの製品のポート情報を確認することができます。

Img_5108

WLX302の本体アイコンにマウスオーバーすると、機器名称、MACアドレス、IPアドレス、給電状態などが表示されます。この1台は、AC電源で動作していました。

Img_5108m

2.4GHzや5GHzのアイコンのところにマウスオーバーすると、動作状態が確認できます。

Img_5109m

【ここです】

「ここです」というアイコンをクリックすると、、

Img_5111

本体のランプが一定期間点滅してアクセス中の本体がどれなのか特定することができます。

Img_5017

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】

【LAN見える化セミナー】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。