[ファイアウォール]


<WLX302 電波状態の事前確認(新製品記者発表会)>

[ファイアウォール] WLX302 電波状態の事前確認(新製品記者発表会)

ヤマハの平野です。

新製品記者発表会前に『無線LANアクセスポイント WLX302』で電波状態の事前確認を紹介します。

【メモ】

念のため、新製品記者発表の会場である「大手町サンケイプラザ」の電波状態を事前に確認させていただき、オフィス街の一角ということも影響しているらしく、周辺アクセスポイントがほとんどないとても綺麗な環境であることがわかっていました。実際の受信信号強度(RSSI)グラフ表示イメージが湧きやすくなるようにするために、複数のWLX302を稼働させたりして、おりました。

受信信号強度(RSSI)グラフなどに表示されている情報は、主に我々が持ち込んだAPや端末と、来場者が持ち込んだモバイルルーターになります。

【2.4GHz帯】

受信信号強度(RSSI)のグラフには、幾つか色分けされています。

  • 青い部分:WLX302自身
  • 黄線:同じ周波数を使っている。干渉するが、協調もできる。同じ周波数を共有している状態。
  • 赤線:利用周波数の一部が重なっている。干渉し、協調できない。お互いに妨害し合っている状態。
  • 緑線:利用周波数の重複が無い。お互いに影響がない状態。

この場合、注意すべき電波は、赤い線。

Img_4954

定期的(周期的)にCRCエラー率が20%を超えていました。

Img_4999

【2.4GHz帯(スナップショット)】

こちらは、WLX302が自動的に取得したスナップショット。APが増えたとか、減ったとかでも記録しますが、今回は、CRCエラー率が高かった為だと思います。

Img_5002

【5GHz帯】

こちらは、きれいです。5GHz帯は、もっと広大ですが、この画面では、WLX302自体が使用している周波数帯を中心とした近傍表示になっています。

Img_5003

【AP一覧】

WLX302が認識しているAP一覧ですが、数台のモバイルルーターを除くとWLX302がたくさん動いていました。

Img_4953

【端末一覧】

端末一覧ですが、このWLX302とは、2.4GHz帯と5GHz帯で、1台づつ繋げていました。

Img_5004

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】

【LAN見える化セミナー】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。