[ファイアウォール]


<LAN見える化セミナー(13)-大阪:FWX120透過型デモ>

[ファイアウォール] LAN見える化セミナー(13)-大阪:FWX120透過型デモ

ヤマハの平野です。

2012年11月16日から2013年1月29日に渡って、全国10箇所でヤマハの新製品である「FWX120」、「WLX302」、「SWX2200-8PoE」を紹介する『ヤマハ 新製品発表会&LAN見える化セミナー』を開催いたしました。たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

今回は、大阪会場に潜入してきましたので、「FWX120の透過型ファイアウォールの設定デモ」についてご紹介いたします。

画面に映っているFWX120の設定と動作確認をするデモンストレーションです。

Img_5559

こちらが製品紹介に用いられたデモ構成。
一番左のPCからFWX120に透過型ファイアウォールを設定して、RTX1200の設定画面にアクセスします。
最初に「メールに限定にするポリシー」を設定してから、「Webアクセスを許可する」設定を追加します。

Img_5380

透過型ファイアウォールで「メールを通す」のタイプで自動生成されるポリシー。

Img_5560

こちらが、グループの定義など。

Img_5561

グループの「サービスグループ」の「Group」には、「General, Mail, Route」が登録されている。そこに「WWW」を追加して、Web設定画面へのアクセスを許可する。

Img_5562

このように「WWW」を登録します。

Img_5564

グループの「サービスグループ」の「Group」には、「WWW, General, Mail, Route」が登録されている。

Img_5565

サービスグループを修正しましたが、ポリシーフィルターには手を入れていません。前のまま。

Img_5566

これでRTX1200のWeb設定画面にアクセスできるようになります。

【LAN見える化セミナー】

【FWX120関連記事】

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。