[トピックス]


<日経メッセ2013-JS4240 ヤマハブース #nikkeimesse>

[トピックス] 日経メッセ2013-JS4240 ヤマハブース #nikkeimesse

ヤマハの平野です。

2013年3月5日(火)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催している「 日経メッセ (http://www.shopbiz.jp/) 」に出展したヤマハブースをご紹介します。

【TLFスピーカー(サウンドサイネージ)の展示】

ヤマハブース(JS4240)の展示風景。あちこちにTLFスピーカーを使って、音声案内をしていますが、五月蠅くないですが、しっかり聞こえます。

Img_0772

こちらがTLFスピーカーの説明パネル。

Img_0774

【TLF-AM2】

正面のTLFスピーカーは、新製品のTLF-AM2で再生していました。写真の下部をご覧ください。

Img_0775

こちらが新たに発売するTLF-AM2です。SDカードに収められた音声を再生することができます。電源は、USB給電を受けて動作することができます。

Img_0777

【動く歩道に置かれていたTLFスピーカーと同等のもの】

動く歩道に置かれていたTLFスピーカーと同等のものがブース内にも置かれていました。
反対向きに置かれた後ろの黒いシートがTLFスピーカーの本体です。

Img_0759

Img_0760

【防音スライドドア】

ブースの奥には、防音スライドドアが設置されていて、防音効果を確認していただくことができます。

Img_0761

iPadにSpeech Privacy System用アプリ「YVSP Tool」を入れた「騒音計」。この時、外側は、75dBでした。

Img_0762

こちらは、iPod touchにSpeech Privacy System用アプリ「YVSP Tool」を入れた「騒音計」。この時、内部は、43dBでした。
防音スライドドアによる防音効果は、約-30dBぐらいあるようです。

Img_0764

こちらが、Speech Privacy System用アプリ「YVSP Tool」のメニュー画面です。ここで、騒音計を選んでいます。

Img_0771

【調音パネル】

こちらが3色から選べる「調音パネル」です。この調音パネルは、不思議なんです。

Img_0768

こちらで、「調音パネル・なし」「調音パネル・あり」「グラスウール(吸音材)」の3種類で聞き比べが可能です。

  • 調音パネルなし
    狭い部屋なので、特定の周波数が共鳴したりして、バランスが崩れます。
  • グラスウール
    吸音材ですから、様々な音を吸収してしまいます。
  • 調音パネルあり
    音のバランスが取れているので、「気持ちイイ」んです。
    聞き比べてもらうと分かります。

Img_0766

こちらが、ヤマハの調音パネルの秘密を解説しているパネルです。このパネルもTLFスピーカーになっていますので、音声で解説されていました。

Img_0769

【Webニュース】

【日経メッセ 2013】

【リテールテックJAPAN 2012】

【リテールテックJAPAN 2010】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。