[ファイアウォール]


<Interop2013(その17)-ShowNet NOC>

[ファイアウォール] Interop2013(その17)-ShowNet NOC

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2013のShowNet NOCに組み込まれた RTX5000 / RTX3500 / RTX1200をご紹介します。

【ShowNet NOC】

ShowNetのNOCの全景。

Img_1600

三方に開かれた入り口。

Img_1649

【DataCenter】

DataCenterのコーナーにRTX5000とRTX3500が置かれています。

Img_1664

こちらです。

Img_1665

上の方にRTX5000とRTX3500の2台があります。

Img_1666

Img_1528

隣のディスプレイには、製品説明をしてくださっておりました。
あれ、「L2-VPN」?

Img_1530

Img_1529

隣のホワイトボードには、RTX1200からのVPNをRTX5000とRTX3500が終端しています。
あれ、「L2TPv3」?

Img_1667

【Edge】

こちらがEdgeのラックです。

Img_1659

このように上部にRTX1200が2台置かれています。
このようなRTX1200*2台セットが計4ヶ所のラックに収納されていました。

Img_1656

Img_1657

隣のホワイトボードのひとつにRTX1200の役割が説明されています。
「DCまで抜いています。」
これは、専門的な言い回しですね。
プロトコルの説明は、「ココ」から「L2TP VPN」で「あっち」まで繋いでいるってことですね。

Img_1658

別のところのRTX1200*2台。

Img_1661

別のところのRTX1200*2台。

Img_1663

隣のディスプレイには、製品説明をしてくださっておりました。
あれ、「L2-VPN」?

Img_1531

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。