[ファイアウォール]


<Interop2013(その4)-ISDNモジュール>

[ファイアウォール] Interop2013(その4)-ISDNモジュール

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2013で展示されるRTX5000/RTX3500用ISDNモジュールを紹介します。

【ISDNモジュールの展示】

ISDNモジュールがこれらの状態で展示されるようです。

こちらは、YBC-4BRI-STです。

Img_1485

こちらが、YBC-1PRI-Mです。

Img_1486

【YBC-4BRI-STの表面】

このモジュールには、ISDN LSIが4個載ってます。

Imgp0104

ひとつをアップしてみました。「YTD441B-S」という刻印が見えます。2002年の設計なのですね。

Imgp0103

【YBC-4BRI-STの裏面】

裏を見るととても小さな部品が使われているのが確認できます。これは、RTX5000/RTX3500本体にも多数使われている「0603チップ」と呼ばれる部品です。

Imgp0049

さらに拡大してみると「0603チップ」もキチンとはんだ付けされているのが確認していただけます。
でも、肉眼では、見えないかもしれない。

Imgp0050

【RTX5000】

こちらは、梱包が説かれたところ。

Img_1457

RTX5000のアップ。

Img_1456

コンソールケーブルとRTX5000

Imgp0099

電源スイッチとコンソール用RJ-45

Imgp0101

こちらは、2系統のL2スイッチ

Imgp0100

こちらは、拡張スロット

Imgp0102

【RTX3500】

Img_1487

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。