[ファイアウォール]


<Interop2013(その9)-海外版とTLF>

[ファイアウォール] Interop2013(その9)-海外版とTLF

ヤマハの平野です。

ヤマハのネットワーク機器の海外販売は、中国だけでしたが、今年の6月からタイとマレーシアに拡大します。

【海外版ネットワーク機器】

遠くにポスターが見えますが、3カ国語で、声が聞こえます。

Img_1539

近寄るとネットワーク機器の海外展開のポスターですが、声がします。

Img_1585

これは、「ポスターグリップタイプのTLFスピーカーとバッテリー駆動できるTLF-AM2」でした。

Img_1473

この厚さの中にスピーカーが埋め込まれています。

Img_1472

ポスターは、この可動式のグリップに挟まれています。このようなポスターグリップのパネルはあらゆるところで展開されています。

Img_1470

これがTLF-AM2です。バッテリー駆動と音量アップがポイントです。

Img_1468

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。