[ファイアウォール]


<WLX302 ファームウェア公開-Rev.12.00.07>

[ファイアウォール] WLX302 ファームウェア公開-Rev.12.00.07

ヤマハの平野です。

不具合を修正したWLX302用ファームウェア Rev.12.00.07が公開されました。
対象機種: WLX302

【ファームウェアの概要】

機種 WLX302
リビジョン Rev.12.00.07
機能追加0件
仕様変更6件
不具合修正件数47件
リリースノート TEXT版 HTML版

【主な仕様変更】

  1. 無線LAN見える化ツールの[周辺AP情報]-[AP一覧表示]で、
    SSIDを最大1800個まで表示するよう変更した。
  2. 無線LAN見える化ツールの[無線LAN情報]-[状態表示]で、
    SSIDを最大300個まで表示するよう変更した。
  3. 無線LAN見える化ツールの[無線LAN情報]-[チャンネル使用状況表示]で、
    検出した全てのSSIDを表示するよう変更した。

関連情報一覧 】

ファームウェア配布】

SWX2200のリビジョンアップ方法】

リビジョンアップ方法】

WLX302 ファームウェア公開】

SWX2300-8G/SWX2300-16G/SWX2300-24G ファームウェア公開】

SWX2200-8G/SWX2200-24G ファームウェア公開】

RTX5000/RTX3500ファームウェア公開】

RTX3000ファームウェア公開】

RTX1210ファームウェア公開】

RTX1200ファームウェア公開】

RTX810 ファームウェア公開】

RT107e/RTX1100/RTX1500 ファームウェア公開】

RT250i ファームウェア公開】

RT300i ファームウェア公開】

FWX120 ファームウェア公開】

SRT100 ファームウェア公開】

NVR500ファームウェア公開】

RT58iファームウェア公開】

RT57iファームウェア公開】

RTV01ファームウェア公開】

RTV700ファームウェア公開】

RTX2000ファームウェア公開】

RTX1000ファームウェア公開】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。