[ファイアウォール]


<日経NETWORK-2013年10月号寄稿>

[ファイアウォール] 日経NETWORK-2013年10月号寄稿

ヤマハの平野です。

9月28日に発売された日経NETWORK 2013年10月号からの新連載に寄稿いたしました。

日経ネットワーク2013年10月号

2013年10月号よりヤマハから6回連載を寄稿することになりました。

連載タイトルは、
「小さく始める 使っておぼえる
 無線LAN構築
 ここがツボ」です。

長い間、ヤマハのネットワーク機器をご利用いただいている皆様の様子を拝見していると、「とりあえず、繋ぐ」「繋いだ後、トラブルなど様々な経験を積む」「ある時期におさらいをして不足している知識を埋める」のような行動をされている方が多いようですので、「使いながらおぼえる」という連載構成を提案させていただきました。スキルアップ誌としては珍しい切り口のようです。

連載第1回

第1回は、「従業員50人向けの無線LANとは?」(ヤマハ 平野尚志 & WLX302開発チーム)というタイトルで、企業用途の無線LANアクセスポイントを導入する前に環境要因などの情報をざっくりと把握していただくことを想定いたしました。

第2回からは、WLX302を使ってみる記事にも触れていきます。

ご一読いただければ幸いです。

【日経NETWORKの公式サイト】

【日経NETWORK関連記事】

【ネットワーク検定2008】

【ネットワーク検定2007】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。