[ファイアウォール]


<ネットワーク製品アップデートセミナー(11)-仙台>

[ファイアウォール] ネットワーク製品アップデートセミナー(11)-仙台

ヤマハの平野です。

11/8(金)は、仙台の「ネットワーク製品アップデートセミナー」です。今回は、セミナーの雰囲気をお伝えいたします。

【機材準備なう】

最初は、SCSKスタッフ中心に機材の開梱作業が始まりますが、それがひと段落する頃、技術スタッフのセッティングが始まります。

こちらはヤマハの瀬尾です。

Img_2755

こちらは、SCSKの長見さんです。

Img_2756

【会場】

会場は、ガーデンシティ仙台のホールB1でした。

Img_2741

Img_2742

司会は、SCSKの成田さん。

Img_2773

開会のあいさつは、SCSKの横山さん。

Img_2776

製品アップデート情報は、SCSKの奈良部さん。

Img_2779

技術アップデート情報は、SCSKの長見さん。

Img_2783

休憩時間は、それぞれが来場者のみなさんとお話しをしていました。

Img_2770

Img_2785

ヤマハの講演枠は、WLX302の新機能です。

Img_2786

担当するのはヤマハの瀬尾です。

Img_2787

これは、WLX302の新機能である無線コントローラー機能の画面のひとつです。

Img_2788

SCSKからのご案内は、SCSKの奈良部さん。

Img_2789

閉会のあいさつは、ヤマハの池松です。

Img_2794

セミナー終了後、よろず相談会を実施して、それが終わったら片付けです。こちらが片付け終わったところの機材です。

Img_2795

【ネットワーク製品アップデートセミナー(2013年度)】

【LAN見える化セミナー(2012年度)】

【FWX120関連記事】

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。