[ファイアウォール]


<ネットワーク製品アップデートセミナー(4)-福岡:無線環境>

[ファイアウォール] ネットワーク製品アップデートセミナー(4)-福岡:無線環境

ヤマハの平野です。

「ネットワーク製品アップデートセミナー」では、WLX302を利用して「無線環境提供」を試行しています。ぜひご来場の上、無線環境を使い倒してみてください。

会場にこのようなスタンドが持ち込まれました。丈夫そうですが、PA用スピーカースタンドなのだそうです。見た目は、高そうですが、比較的低価格のようです。これがどうなるのか。

Img_2580

三脚部分を工夫すると、ひょろひょろっと伸びて、高くなりました。

Img_2579

この高いところにWLX302が設置されました。このスピーカースタンドは、臨時の高所設置に適していますね。実験やサイトサーベイなどに活躍しそうです。
開発者、お奨め!

Img_2587

裏側は、金具と結束バンド(インシュロックタイ)を使って括り付けています。

Img_2588

会場では、このような説明とともに設置されています。

Img_2589

SSIDも、パスワードも、すべての会場で共通のようです。

Img_2590

こちらは、会場の片隅に臨時に設置されたNOCです。コンパクトなヤマハネットワーク製品を使っているので、NOCもコンパクトです。
インターネット接続のゲートウェイには、FWX120を利用しています。参考出品のダッシュボードを組み込んでいるので、みなさんでガンガン使って、楽しいトラフィックグラフ作成にご協力ください。

Img_2624

無線環境のための構成を示します。簡単なものですが、会場にWLX302を4台配置して、無線端末の通信をFWX120でインターネットに接続しています。FWX120には参考出品のダッシュボードを搭載していています。大きな会場では、WXL302の増設も想定しています。

Img_2642

【ネットワーク製品アップデートセミナー(2013年度)】

【LAN見える化セミナー(2012年度)】

【FWX120関連記事】

【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。