[ファイアウォール]


<日経NETWORK-2014年2月号寄稿>

[ファイアウォール] 日経NETWORK-2014年2月号寄稿

ヤマハの平野です。

1月28日に発売された日経NETWORK 2014年2月号に連載第5回を寄稿いたしました。

日経ネットワーク2014年2月号

2013年10月号より6回連載で日経NETWORKに寄稿している 「小さく始める 使っておぼえる  無線LAN構築  ここがツボ」(ヤマハ 平野尚志 & WLX302開発チーム)の第5回が2014年2月号に掲載されました。

連載第5回

第5回は、「多数のAPを置く環境の設計と構築」というタイトルで、複数台のAPを利用する場合の最近の構築法について紹介しました。無線LAN利用が主流になると、今まで以上に高密度配置を行いたくさんの端末に安定した環境を構築する必要がでてきますので、そのようなケースで役に立つ知識になることを想定しています。

ご一読いただければ幸いです。

【日経NETWORKの公式サイト】

【日経NETWORK関連記事】

【ネットワーク検定2008】

【ネットワーク検定2007】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。