[ファイアウォール]


<#JANOG 33-WLX302の機材提供>

[ファイアウォール] #JANOG 33-WLX302の機材提供

ヤマハの平野です。

2014年1月23日(木)~24日(金)に別府で開催された「JANOG33 Meeting」のネットワーク環境にWLX302を使っていただきました。その記録をご紹介します。

【WLX302の機材提供】

JANOG33 Meetingでは、前回に引き続きヤマハの無線LANアクセスポイント WLX302をお貸出しして、実践的に使ってみていただきました。

JANOG32 Meetingでご利用いただいた際の反省点を踏まえたいくつかの機能も試していただいております。

  • 無線LANコントローラー機能
    JANOG32 Meetingでは、14台のWLX302をご利用いただきましたが、設定や運用の管理で随分とご負担をおかけいたしました。現地でスタッフの苦労話などを伺いながら機能構想を練ってきました。JANOG33 Meetingにおけるお貸出し目的は、この無線LANコントローラー機能の実践的な使い勝手を確認してみていただくことです。実験環境で機能チェックした所感と実環境で運用を経た所感では、違って見えることが多々あります。
  • 受信レート(伝送レート)のカスタマイズ機能
    多数の無線端末に安定して高速通信環境を提供するためには、APの適用範囲であるセルを狭くして運用する必要があります。このセルを狭くする手法として、従来は電波出力を弱くする手法がとられました。電波出力を弱くすると、外来ノイズに弱くなってしまう問題もありました。最近では、高速通信規格も増えてきたこともあり、使用する受信レート(伝送レート)をカスタマイズして、遅い端末の接続を拒否して、高速に接続できる端末に制限する方法が利用されます。この機能をお試しいただきました。
  • WLX302の適用ファームウェアは?
    2013年12月にリリースした「Rev.12.00.07」です。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/relnote/ap/Rev.12.00/relnote_12_00_11.html

なお、弊社は、機材貸出と技術的アドバイスや情報交換をさせていただいておりますが、JANOG33 LAのみなさんによって構築や運営が行われました。

【会場レイアウト】

JANOG33 Meeting会場として利用していた部分を色分けしてみました。
緑→meetingの会場です。DAY0とDAY2は、リハーサル室も使っていました。
黄→懇親会場です。非常に近くでした。
青→協賛企業の展示ブースです。

Janog33_w1

会場では、2.4GHz帯と5GHz帯で二つのSSIDを解放していました。

Img_4399

【アクセスポイントの配置】

協賛コーナーには、アライドテレシス社のAPが二つ設置されていました。
リハーサル室には、WLX302が二つ設置されていました。

Janog33_w2

フィルハーモニアホールには、1階と2階で、WLX302が五つ配置されていました。

Janog33_w3

【フィルハーモニアホール】

フィルハーモニアホールは、1階から4階まである大きなホールです。
会議は、1階だけで運営されていましたが、WLX302は1階と2階に設置されていました。

Janog33_w4

1階は、舞台の左右に二つ、PA席(Ustream中継カメラ)に一つ設置されていました。

Janog33_w5

2階には、二つが1階に向けて提供されていました。

Janog33_w6

【リハーサル室】

リハーサル室は、DAY0とDAY2に副会場として利用されていました。こちらには、二つのWLX302が置かれていました。

Janog33_w7

【ホワイエ】

ホワイエは、協賛企業の展示ブースになっていました。こちらでは、無線LANアクセスポイントを提供していたもう一社のアライドテレシス製品が設置されていました。

Janog33_w8

【機材リスト】

ヤマハでは、10台のWLX302と情報収集用のRTX1200をお貸出ししておりました。
なお、LAチームから端末接続数などの情報収集を要請されましたので、RTX1200でWLX302の情報収集を行う機能を実現したLuaスクリプトを稼働させ、microSDメモリに無線環境情報を記録しておりました。

識別番号機種用途設置場所
J33-WLX01 WLX302 無線LANコントローラー スタッフルーム
J33-AP02 WLX302 副会場 リハーサル室
J33-AP01 WLX302 副会場 リハーサル室
J33-AP05 WLX302 主会場 フィルハーモニアホール
J33-AP06 WLX302 主会場 フィルハーモニアホール
J33-AP07 WLX302 主会場 フィルハーモニアホール
J33-AP08 WLX302 主会場 フィルハーモニアホール
J33-AP09 WLX302 主会場 フィルハーモニアホール
J33-AP12 WLX302 予備機 スタッフルーム
J33-AP13 WLX302 予備機 スタッフルーム
J33-RT02 RTX1200 接続端末情報の収集 スタッフルーム

【カンファレンス向け機材提供】

【JANOG関連記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。