[トピックス]


<浜名湖今切パーク海湖館2014-プリ丸とちび丸>

[トピックス] 浜名湖今切パーク海湖館2014-プリ丸とちび丸

ヤマハの平野です。

再び、「浜名湖今切パーク海湖館」に出かけてきました。今回の目的は、「焼き牡蠣体験」ではなくて、プリ丸とちび丸です。

【プリ丸とちび丸】

  • プリ丸→浜名湖産のむき牡蠣です。
  • ちび丸→浜名湖産の殻つき牡蠣のつめ放題です。

Img_4781

こちらが「ちび丸」の1,000円のつめ放題コーナーです。
二口チャレンジしてきました。

Img_4852

こちらは、剥かれている「プリ丸」のコーナーです。

Img_4856

現地で剥いていますので、剥きたてが買えるのですが、人手がかかるので数量限定なのでほしい人は早めに予約しましょう。

Img_4853

「プリ丸」は、こちらで冷蔵されています。
大粒を1つ買いました。

Img_4854

【洗浄】

二口分のつめ放題の成果がこちらです。二重三重に重なっているのですが、意外と多いです。80個以上はあると思います。これを今から洗浄します。これをタワシでゴシゴシというのはとても大変です。

Img_4858

洗浄には、こちらの機械を使いました。これは業務用の高圧洗浄機です。農機具の洗浄などに使われるものです。これでシャーっと洗いました。

Img_4857

洗い始めたところ。

Img_4861

Img_4863

二重三重に重なっていて下の牡蠣が洗えないので、別のトレイを持ってきて広げて洗浄しました。

Img_4868

Img_4869

十数分で洗い終わりました。

Img_4870

【牡蠣剥き】

今回は、牡蠣剥きに挑戦です。
牡蠣剥き用ナイフを持っていないので、キッチンバサミとステーキナイフを使ってみました。二枚貝の薄い方を手前にして持ちます。

Img_4871

キッチンバサミでこのようなところに斜めにハサミを入れるとよいようです。

Img_4872

ハサミを入れたところに隙間ができるので、こちらにステーキナイフを差し込みます。

Img_4874

このようにナイフを入れます。

Img_4875

ナイフが入ったら、薄い方の貝柱をナイフで探りながらゴシゴシして切り離します。貝柱は、写真の感じだとナイフの切っ先の少し下側にあります。

Img_4876

貝柱が切り離せるとパカッと力が緩んで開き始めます。

Img_4877

薄い方が開きました。

Img_4878

薄い方が切れたら、厚い方の貝柱も下にナイフを入れてゴシゴシと切り離します。

Img_4879

ひとつ剥けました。

Img_4880

と延々と牡蠣剥きをしてやっと終わりました。

Img_4881

剥き終わった牡蠣は、どんぶり二杯になりました。

Img_4882

Img_4883

【牡蠣大好き情報】

【関連情報】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。