[ファイアウォール]


<WLX302で見える化 - 風呂敷>

[ファイアウォール] WLX302で見える化 - 風呂敷

ヤマハの平野です。

日経NETWORK連載と「日経NETWORKセミナー-今すぐ使いたい管理者のための企業無線LAN構築講座」後の「電波出力」についての追試。第五回です。

【アジェンダ】


概要】

電波を弱める方法として、「特殊な風呂敷で包む」方法を試してみた。この風呂敷は、電波を10dBm程度弱くすることができるシールド機能を持っているそうです。

  • 測定距離は、50cm程
  • 風呂敷で包んでみたら、2.4GHz帯で20dB、5GHz帯で10dBぐらい弱くなっていたようです。

機材】

こちらが実験に使う機材一覧です。

  • RTX1200 (1台)
  • SWX2200-8PoE (1台)
  • WLX302 (2台)
  • USBシリアル変換ケーブル、シリアルケーブル(2種)
  • WLX302用電源アダプター
  • アルミホイルと風呂敷
  • PC

真ん中のAPを「AP2(メンバー)」、左のAPを「AP1(コントローラー)」としています。AP2から出る電波をいろいろ操作して、AP1(コントローラー)の見える化ツールやPCにインストールしたinSSIDerからAP2を観察していきます。

こちらが機材です。中央のAP2にシールド機能を持った風呂敷で包んであります。

Img_5110

シールド風呂敷で包まれたAP2(WXL302)

Img_5109

Img_5111

こちらは、シールド風呂敷(2枚)とアルミホイルです。

Img_5099

【シールド風呂敷の拡大写真】

シールド風呂敷は、どのようなものかな?デジカメでマクロ撮影しても、撮影できません。

Img_5098

でも、ちょっと特殊能力を持ったデジカメで顕微鏡レベルでの撮影をしてみました。

Imgp1372

さらに拡大すると、繊維の網目を確認することができます。

Imgp1373

さらに拡大すると、金属特融の輝きが確認できます。

Imgp1376

さらに拡大すると、一本一本が細い金属のより線になっていることがわかります。

Imgp1377

断面を撮影してみましたが、よくわからないですね。

Imgp1379

無線設定の概要】

無線設定

周波数帯 2.4GHz帯 5GHz帯
SSID yamaha-wlx302-gn yamaha-wlx302-an
暗号・認証 WPA2-PSK AES WPA2-PSK AES
PSK nikkeinetwork nikkeinetwork

AP設定

機器名 AP1 AP2
チャンネル 送信出力 チャンネル 送信出力
2.4GHz帯 1 100% 6 100%
5GHz帯 36+40 100% 44+48 100%

見える化:AP1】

AP1から見えるAP2の2.4GHz帯の電波は、-64dBmぐらいに見えるようです。

Ap124g

AP1から見えるAP2の5GHz帯の電波は、-67dBmぐらいに見えるようです。

Ap15g

AP1で見える周辺AP一覧です。AP2は、-50dBm(2.4GHz)、-67dBm(5GHz)という状態に見えていたようです。

Ap1list

見える化:AP2】

AP2から見えるAP1の2.4GHz帯の電波は、-55dBmぐらいに見えるようです。

Ap224g

AP2から見えるAP1の5GHz帯の電波は、-67dBmぐらいに見えるようです。

Ap25g

AP2で見える周辺AP一覧です。AP1は、-56dBm(2.4GHz)、-67dBm(5GHz)という状態に見えていたようです。

Ap2list

見える化:inSSIDer】

AP1は、-36dBm(2.4GHz)、-40dBm(5GHz)
AP2は、-64dBm(2.4GHz)、-51dBm(5GHz) ※特殊な風呂敷

Pcinssider24g

AP1は、-42dBm(2.4GHz)、-37dBm(5GHz)
AP2は、-65dBm(2.4GHz)、-51dBm(5GHz) ※特殊な風呂敷

Pcinssider5g


【WLX302 / SWX2200-8PoE 関連情報】

【LAN見える化セミナー】

【X11(仮)関連情報】

【Interop 2012に参考出品した「X11(仮)」のWebニュース】

【Interop Tokyo 2012記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。