[会議システム]


<YVC-1000 #ヤマハ梱包箱>

[会議システム] YVC-1000 #ヤマハ梱包箱

ヤマハの平野です。

発売間近の「YVC-1000」の生産品が届きました。
一足早く、「梱包箱」を撮影しました。

実機は「スマートフォン&モバイルEXPO」(2014/5/14~16、東京ビッグサイト)のパートナーさんのブースに展示されています。ご来場、ご確認ください。

【梱包箱】

梱包箱の側面には、いろいろな情報が掲載されていますね。
側面の一つ目。
様々な国で販売されるので、様々な言語で情報が記載されています。

Img_5375

側面の二つ目。
製造工場などの情報が中文で記載されています。

Img_5376

側面の三つ目。
こちらには、バーコードやシリアル番号などが記載されたシールが目立ちます。

Img_5373

こちらが、品番やシリアル番号などの情報が記載されたシールです。

Img_5374

【少し開けてみました】

開けてみました。
マニュアルなどが収められた蓋が見えます。

Img_5377

蓋を取るとマイク(YVC-MIC1000)とケーブル類が収められています。

Img_5378

マイクやケーブル類を取り出すと中蓋が出てきます。

Img_5379

中蓋を取ると、本体(YVC-CTU1000)が出てきました。

Img_5380

【取扱説明書(クイックスタートガイド)】

取扱説明書を手に取ってみたら、書名が6カ国語で記載されていました。world wide!

Img_5382

インデックスを見たら、英語、フランス語、日本語、中国語、韓国語、スペイン語で掲載されているということがわかりました。world wide!

Img_5383

【YVC-1000情報】

【音声コミュニケーション機器のニュースリリース】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。