[会議システム]


<#interop 2014(その7)-YVC-1000>

[会議システム] #interop 2014(その7)-YVC-1000

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2014のヤマハ/SCSKブースの「YVC-1000」の展示をご紹介します。

【YVC-1000】

こちらがYVC-1000の展示コーナーです。
Web会議システムは、JMSの「LiveOn」です。会場内のLiveOnブースやJMSさんの全国の支店などと接続しています。

Img_5719

YVC-1000は、本体と1台のマイクスピーカーがセットになっています。そして、会議室の大きさに合わせて、マイクを追加で拡張することができます。

Img_5720

TLFスピーカーに取り付けられたYVC-1000の説明パネルです。

Img_6086

YVC-1000の本体です。

Img_6080

こっそりと「音叉マークのボタン」があるのですが、お気づきですか?
害はないので、気付いたら押してみてください。

Img_6079

「音叉マークのボタン」は、音響環境を自動認識してくれる機能です。
アナウンスが流れた後で、ホワイトノイズが出力されますが、その後、自動調整の上、時にはアドバイスもしてくれます。

Img_6081

【Interop Tokyo 2014記事】

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。